2009年09月09日

ブログのお引越しのお知らせ

こんばんわ(笑顔)

DSC_03290327.JPG

今日、9月9日から、新しいブログにお引越ししました。

こちらです
響 ミナ の まほろば 日記

http://hibikiminajyouka.seesaa.net/

このブログのお引越しは、今日から、エネルギーの質が変化したことが、大きな理由ですが、私自身、この7月8月9月で、私自身のエネルギーが大きく変容したので、なんとなく、ブログを引越ししたいと感じたからです。

新しいブログは、まほろば 日記と名づけました。響 ミナの数霊は、166で、まほろばは、キーワードになってます。

そして、蝶々のデザインも、最近は、神社に行くと、殆どの確率で蝶々がお出向かえしてくれるので、神様のメーセンジャーの蝶々のデザインにしました。

今日の記事は、無料 コールインメソッド アチューメントです。

本日、エネルギーを設定したので、括りの統合のエネルギーのアチューメントです。

お引越し先のブログでもどうぞよろしくお願いします。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 17:55| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月08日

白龍と今日の感じ

こんばんわ(笑顔)

DSC_03480345.JPG
玄賓庵 の白龍神 (狭井神社と桧原神社の間にあるお寺です)

昨日の日記に少し書いた、白龍のことですが、私と同じくらい、ある意味、マニアック(笑顔)な方が、気になっていると思われますので?今日は書いてみたいと思います。

先ずは、写真の玄賓庵にある、白龍神ですが、何故この写真をとったのかは、

それは、この白龍神の石碑から、めちゃくちゃ、ハンパじゃない振動を感じたからです。(写真でも感じられる方は、感じると思います)

実は、玄賓庵には、このほかにも、たくさんの石碑があるのですが、白龍神の石碑だけ、振動がひときわ、強く感じました。

ちなみに、これが、玄賓庵にあるたくさんの石碑です。(遠すぎてわかりづらいかもしれません)
DSC_02070205.JPG

そして、話は、飛びますが、旅行前に、明治時代の分離以前に、大神神社にあった、十一面観音のことを知り、頭の片隅で気になっていました。

写真は、コチラを見てください。 国宝 十一面観音 聖林寺

十一面観音は左手に水瓶を持っていて、発祥のインドにおいては、水の神様といわれてます。

日本で、水の神様と言えば、弁天さまですね。そして、白龍は、雨を降らし又水を清め、弁財天のお使又は御本尊と言われています。

私は、ここ最近は、江ノ島弁天、銭洗弁財天、天河大弁財天社、竹生島、浅草寺弁天山(弁天堂)etcなど、自然に導かれて、たくさんの弁天さまにお参りしてます。

私は、自分のホロスコープは、水の影響が一番色濃くでてます。自分のエネルギーも水のエネルギーの振動です。

だからこそ、白龍がすごく気になったのだと思います。同時に、浅草寺の金龍さまは、気になるというよりも、大好きです。(笑顔)

そして、9月9の日の変容のことですが、私自身は、すごく変化したという実感はありません。

それでも、昨日は、体の芯の部分が熱くなり、自分の産土神社のエネルギーが、別神(別人)のように、振動がすごく強くなりました。

私の産土神社は、とってもローカルで、神様の御神氣は、微妙な気配くらいだったのが、今は、神様の気が、かなり満ちてきました。

このことは、結構、自分でびっくりしました。(笑顔)

産土神社の近くまで行くと、ハートが温かくなるからです(笑顔)

そして、産土神社にお参りすると、ハートの背中側が温かくなります。

これは、今月になって、初めてのことです。

こうした、緩やかな変化が、9月9日の変容なのかもしれません。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:01| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

石上神社と石上神宮

こんばんわ(笑顔)

DSC_02550253.JPG
桃尾(もものお)の滝の石上神社

DSC_02820280.JPG
石上神宮

今日は、石上神宮のことを書いてみたいと思います。

日本書紀に記された神宮は、伊勢神宮と石上神宮だけであり、そのことからも、日本最古クラスの古い神社ということです。

石上神宮に関しては、先に、コチラ(ウィキペディア)を斜め読みすると感覚的にわかることが多くなります。

私が、石上神宮に関して、知っていたことは、とにかく、古い神社であることと、物部氏が祭祀していたこと、あとは、写真を見るだけでもとにかく、エネルギーが強いので、実際のエネルギーは、どのくらい強いのだろうという好奇心がありました。

石上神宮に参拝した人達の共通の意見は、とにかく、ご神氣が、並ではないということでした。

私が、石上神宮に参拝したときは、2日前に、伊勢神宮を参拝し、前日に天川神社に参拝し、泊まっているところは、石上神宮のある、天理でした。

だからなのかもしれませんが、石上神宮を参拝したときに、強いご神氣を期待しましたが、あまりにも、すっと、自然に、石上神宮のご神氣に馴染んでしまいました。(笑顔)

石上神宮の神域の中にいるのが、普通で当たり前の状態みたいに。。。

強い、最高に素晴らしいご神氣を、毎日のように、頂いていると、いつしか、それが当たり前のように、普通に馴染むものです。

だからこそ、家に帰ってから、改めて、写真でエネルギーを感じてみると、ものすごく高エネルギーの中にいたことを実感できました。

石上神宮に行く前に、元宮といわれている、石上神社にチャリで行ってきました。

石上神社は、天理駅から、4,5キロあり、ずっと、緩やかな上り坂なので、できれば、車か電動機自転車がいいと思います。

桃尾(もものお)の滝の石上神社に着いたときは、とにかく、真夏で、ずっと、上り坂で、くたびれ果ててたので、じっくり、エネルギーを感じるゆとりもなく、とにかく写真だけ撮りました。

ここは、携帯電話が圏外になる場所でした。

家で、じっくり、写真のエネルギーを感じてみると、まさしく、石上神宮と同じ振動でした。だからこそ、元宮と噂されてますが、私は、元宮だと感じました。

石上神宮の振動は、特殊な振動で、私の感覚的には、振動の刻みが早いんです。大神神社の振動も特殊ですが、私の感覚では、振動の刻みが緩やかに感じます。

あと、石上神社に参拝し、桃尾の滝で、白龍大神と石碑がありました。
なんとなく、白龍がすごく気になりました。(なんで気になったのは、また書きますね。)

白 龍とは
雨を降らし又水を清める また、白龍は弁財天のお使又は御本尊といわれている、


DSC_02610259.JPG

とにかく(一気にまとめすぎだけど)、私は石上神宮にはまってしまったので、これかも、何度も参拝したいと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)

石上神宮に関しては、また、書きます。。
posted by 響 ミナ at 21:39| Comment(2) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

山辺の道には

こんばんわ(笑顔)

DSC_03470344.JPG
山の辺の道

山の辺の道とは、奈良盆地の東、平地と山地の間を縫うように南北に通る道です。

今は、一般的に、石上神宮から大神神社までの道を指すことが多いようです。
詳しく知りたい人は、こちらを読んでください。 大和の古道

山辺の道は、最高のエネルギースポットを結ぶ道なので、最高のエネルギーをもつ道であることは、勿論のことですが、私が一番、嬉しかったのは、ゴミがまったく、捨てられてないことでした。(笑顔)

つまり、ゴミをポイ捨てする人間が、殆ど通らない道なんですね。

私の住んでいる、田舎は、田んぼを通っても、畑を通っても、必ず、誰かが所々に、ポイ捨てしています。(ということは、ゴミが必ず捨ててあるということです)

よく、人はやったことが、返ってくると言われてますが(本当なのかなと疑問に思うのは、この理由も大きいです)、都会は当たり前にぽい捨てしている人が大勢いるし、田舎の人口の少ない場所でさえも、誰かが、ポイ捨てしてます。

つまり、これだけたくさんの人々が平気でポイ捨てして、許されて生かされているんですね。

そういう私も、実は、小学校低学年時には、ポイ捨てしてました。

どうして、ポイ捨てしていたのかは、小学校低学年なので、周りの環境の影響です。

私が子供のころは、林に入ると、当たり前のように、ゴミが捨ててあったり、道端には、あちらこちらに、ゴミが普通に捨ててありました。(すごい環境に育てられました(笑顔)

そして、子供の頃は、大人から、優しさを感じたことは、皆無で、荒んだエネルギー環境の中、多感な子供の時代を過ごしました。

それでも、小学校高学年になると、自然に殆どポイ捨てしなくなり、中学生になると、多分ポイ捨てすることは、自分の感性が耐えられなくなり、ポイ捨てすることは、まったくなくなりました。

今では、自然は神様が宿っていて、自分の体と感覚的には、まったく一緒のもので構成されていて、自分と、ある意味同体だと感じているので、そこに、ゴミを捨てるという発想がありえないものになりました。

まさに、ポイ捨ては、自分で自分を汚す行為以外のなにものでもないように感じます。

だからこそ、いっそう、山辺の道が、輝いて見えました。

ゴミがまったく、捨てられていない、道

よく、精神世界では、弥勒の世のことが、いろいろ書かれてますが、私にとって、弥勒の世は、ポイ捨てのない世の中です。

つまり、ポイ捨てすることが、感性的に絶対できない人々の世界

そして、見えるものでも、見えないエネルギーでも、人のものを奪わない、与え合う世界です。

いつもありがとう(∞☆∞)

追記

今日は、珍しく、ダークサイドにフォーカスしてしまいましたが、これも、浄化の過程なのだと感じてます。
9月9日以降は、よいことだけ書いていきます。

ちょっとした、今日のような軽いダークサイドは、このブログに書こうかななんて考えてます。
posted by 響 ミナ at 21:10| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月05日

今日は満月

こんばんわ(笑顔)

DSC_00090009.JPG

今日は、満月ですね。9月になって、エネルギーの感じがもっと変化していくのかなと期待してましたが、なんとなく、緩やかな変化で、満月も、なんだかしっとりと輝いてます。

最近は、古代のヤマトの時代の物語に興味が湧いてきて、大神神社、大和神社、石上神宮、卑弥呼の古墳と推測される、箸墓古墳、伊勢神宮、元伊勢など、すごく興味が湧いてきました。

もうこうなると、ある意味、道楽の世界です。

アセンションがどうのこうのとか、なんだか、全部飛んでしまいました。(笑顔)

なんで、これほど、古代の神社に、すごく惹かれるのは、やっぱり、神社が発している、振動(エネルギー)です。

まさに、神道は、振動の世界ですね。

伊勢神宮の振動は、実際感じる人が、感じてみると、かなり、特殊です。

なんで、こんな強い振動がするんだろうみたいな。。

そして、奈良の大神神社も通る山辺の道にある、古墳や神社は、すべて、エネルギーが特殊に感じました。

もっと、エネルギーを感じる、感度が高ければもっと、いろいろなことがわかるのに と もどかしいように感じてます。

例えば、今回は、大神神社のご神体である、三輪山に登りましたが、山の磐座が、ご神体なのですが、この磐座を感じてみると、ハートがいつもなら、温かくなるのが、普通の感じ方ですが、このご神体は、ハートが急激に熱くなりました。

これは、なんなんだと、すごく知りたくなりました。

なんだか、自分の魂のルーツの謎解きをしているようにも思えました。

天に質問をすれば、時間はどのくらいかかるのかわかりませんが、必ず答えを教えてくれます。

多分、生きているうちに、自分の魂のルーツがはっきりわかる予感がします。

日々、天に委ねながら生きていこうと最近は、感じてます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

天河大辨財天社の感想

こんばんわ(笑顔)

DSC_01370136.JPG
天河大辨財天社

3年前くらいに、初めて、天川神社のことを知って、ずっと行きたいと思ってました。

本屋さんで、本を立ち読みしていて、初めて、天川神社という言霊のエネルギーを目にしたところ、があっと、ハートが温かくなりました。

神社の名前を読むだけで、ハートが温かくなる経験は、初めてでした。

これは、いわゆる、呼ばれたんだと感じましたが、如何せん、天川神社は、遠いし、更に、奈良の山の奥になるので、バスの本数も、少ないので、これは、自然に無理なく、行ける機会があったら行こうと、その時決めました。

今回は、伊勢神宮に行くときに、天川神社もこの機会に行かないと、なかなかいけなくなると強く思い、思い切って、行ってきました(笑顔)

天川神社は、呼ばれなければ、行けない神社として、一番有名?な神社です。(笑顔)

まあ、神社は、どこでも、呼ばれないと行けないシクミになっているようですが。。

天川の神様に呼ばれてから、3年もかけてしまいました(笑顔)

天川は、奈良の下市口から、バスで一時間以上かかります。

@最近は、瀬織津姫がすごく気になっていて、ヤンズさんのサイトでは、天川の弁財天は、瀬織津姫さまがお祭りされていると読みました。


バスが、天川村に入ってから、私のハートが、ポカポカすごく温かくなりました。

その時に、ふと思ったことは、勿論、天川神社のエネルギーも温かいエネルギーだけれども、それよりも、天川村全体のエネルギーが、ハートを温かくするエネルギーが満ちてるように感じました。

そして、ずっと行ってみたかった、天川神社に到着です。

感想は、思っていたよりも、こじんまりしていることでした。

そして、鳥居をくぐり、エネルギーを感じてみました。

やっぱり、特に神社だけエネルギーが高いというより、天川村自体、エネルギーが高いので、自然に馴染むような、優しい、繊細なエネルギーを感じました。

一つ一つ、説明していると長くなるので、はしょって。。(笑顔)

DSC_01290128.JPGDSC_01300129.JPGDSC_01310130.JPG
大地主大神(おおどころぬし) 琵琶山の地主守神

境内掲示

五社殿の御祭神

石段手前より

龍神大神(りゅうじん)
弁財天の化身なる龍神の神

大将軍大神(だいしょうぐん)
八ツの社の内森本神社ご祭神

おおひるめのむち
天照大御神の御別名

天神大神(てんじん)      菅原道真公

大地主大神(おおどころぬし) 琵琶山の地主守神


先ずは、五社殿のひとつ、ひとつのエネルギーをじっくり感じてみました。

一番印象的というより、これは、なんなんだという強いエネルギーというか振動を感じたのが、琵琶山の地主守神でした。

天河神社の山号は、琵琶山で、天河神社の鎮座しているのが琵琶山ということらしい?です。。

もちろん、龍神大神(りゅうじん)弁財天の化身なる龍神の神も、大将軍大神(だいしょうぐん)八ツの社の内森本神社ご祭神も、すごいエネルギーを感じました。

この優しいエネルギーの天川神社で感じる強いエネルギーは、優しさは、強くなければ、優しくなれないというメッセージなのかもしれません。

天川神社のエネルギーは、天川村全体が高いので、神社にいる時には、妙に自然に馴染んでしまいましたが、家に帰ってから、写真で、エネルギーを感じてみると、改めて、めちゃくちゃエネルギーが強く高いことに、気づく感じです。

今日は、遅くなってしまったので、ここまでにします。

また、天川のことは、書きますね。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:24| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月03日

それぞれの才能

こんばんわ(笑顔)

DSC_00170017.JPG
伊勢神宮 外宮  多賀宮(たかのみや)
豊受大御神荒御魂(とようけおおみかみのあらみたま)

まだ風邪は、完治してませんが、昨日よりもよくなったので、今日も日記を書いてみたいと思います。

昨日は、西洋占星術の本をパラパラと軽く読んでました。

自分の太陽の星座のハウスを調べたところ、そこには、あらゆるものの答えを引き出す才能があると書いてありました。

落ち着いて考えてみると、私は昔から、探究心が人一倍、旺盛です。

常に、自分が求めている答えが知りたいという欲求が非常に強いからこそ、西洋占星術や手相、タロット、カバラなど、勉強してしまいました。(笑顔)

あらゆるものの答えを引き出す才能というよりも、あらゆるものの答えを知りたい欲求が強いように思います。

私の特に知りたいことは、やっぱり、運命、宿命、自分が生まれた意味とどう生きていけば一番いいのか、という哲学的なことです。

さすがに、統計学をかなり学んだので、自分の運命の輪郭は、ぼんやり見えてきましたが、今も、まだまだ、知らないことがあまりにも多いです。

確かに、答えを天に求めたら、必ず神様は、教えてくれます(笑顔)

がしかし。。(笑顔)

子供の頃に知りたかったことが今分かったとか(笑顔)

今までは、30年とか、20年とか、10年とか、とにかく時間が、かかりすぎました(笑顔)

まさに、忘れた頃に、答えがわかるみたいな。。

それでも、あらゆるものの答えを引き出す才能が開花したら、すぐに答えがわかるようになると思ってます。

それは、イコール 悟りを開いたらということになりますね(笑顔)

才能は、無心の時、才能のエネルギーの周りが、真空状態になったときに開花するように感じてます。

才能のエネルギーが神様のエネルギーと繋がったときに、すっと、開いていくような感じです。

昨日は、なんとなくそんなことを思いながら過ごしました。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月02日

長引く風邪

こんばんわ(笑顔)

DSC_00220022.JPG
伊勢神宮 外宮 下御井神社

風邪をひいてから、4日以上経ちますが、ひどくならない代わりに、長引いてます(笑顔)

この3次元の世界では、風邪は、人から人に、移っていくものです。

いわゆる、人を介しての邪気のエネルギー干渉ですね。

私の風邪の一番の原因は、引越しで、免疫がかなり落ちている時に、エネルギー干渉のため、風邪をひきました。

少したってから、家族も、喉がイガイガしてきて、どうやら、私の風邪が家族に少しだけうつったようです。

今は、家族の喉のごくごく軽い風邪は治り、私の風邪だけまだ残ってます。

野口晴哉先生の風邪の効能を参考にして、上手に風邪をひき、自分の中にあるいらないものを浄化していこうと感じてます。

私の免疫が落ちている原因は、やっぱり、環境の変化と、一時的に(最初だけ)家族に私のエネルギーが流れていることだと感じてます。

今は、母親は、腕が痛いことと、血圧など、すこし弱っているので、私がそばにいることで、この症状がどう緩和していくのか観察してます。

これが、完璧な方法や流れで、治まったら、自分の中に強い確信が芽生えるように思います。

今日は、風邪をひきながら、先日お参りに行った、神様のことを考えてました。

日記には、伊勢神宮のことしか、まだ書いてませんが、その他に、天河神社、三輪神社、大和神社、石上神宮など、素晴らしい神社に行ってきました。

日記にも、少しずつ書いていこうと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)

追記
まだ、風邪が完治していないので、日記を少しお休みするかもしれません。
posted by 響 ミナ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。