2009年07月04日

スピリットガイド

こんばんわ(笑顔)

DSC_12420137.JPG

昨日の日記に、守護神さまのことに関して書きましたが、守護しながら導いてくださる光の存在のことを、スピリットガイドと呼ぶこともあるようですね。

私は、若い頃に、よく海外に自由旅行に行きました。初めての外国を歩くのには、ガイドブックが必要です。

ガイドブック(地図)がなくても、人に道を聞きながら、旅をするということも出来ますが、ものすごく時間がかかるし、非効率ですよね。

ガイドブック(地図)を見ても、わからないことを、現地の人に、聞きながら旅をすることが、一番効率がいいやり方だと、旅をしながら、理解していきました。

人生も旅に例えられます。

私の今までの人生は、自分のガイドブックなしに、人のガイドブックをいろいろ読み、試しながら(様々な本を読んだりすること)とっても、非効率に生きていたように思います。

なんとなく、自分のスピリットガイドの存在を意識し始めた今は、自分のガイドブック(スピリットガイド)を読みながら、自分らしい旅がようやくできるようになる予感がします。

それにしても、何で、今の今まで、自分を護ってくれる存在を意識できなかったのか、とても、不思議ですよね。

その時期がこないと、意識できないのかもしれないですね。

少なくても、知識としては、バリバリ、スピリットガイドのことは、色々な本を何十冊も読んで詳しく知ってました。

そして、スピリチュアルな人達は、自分のスピリットガイドと相談しながら、進路を決めていることも、知ってました。(笑顔)

それなのに、私は、自分のスピリットガイドの存在に、不思議と、気づけませんでした。

今だって、ビンビン感じてますと言いきれないでいます。(笑顔)

もしかして、スピリットガイドに気づいて、意識していること自体、実は、ものすごく稀なのかもしれないですね。

私の場合は、ハートの背中のチャクラが常に物理的に温かいので、とりあえず、これが、スピリットガイドが護ってるよのサインだと受け止めてます。(笑顔)

今の、スピリットガイドさんのナビゲートは、人や物に対して、すぐに、自分に合うエネルギーかそうでないのか教えてくれます。

うれしいときは、体が温かくなって、イヤな時は、体が、冷えたり、強張ります。(笑顔)

ようするに、イヤなことができなくなるし、我慢ができなくなりました。(笑顔)

今のこの3次元の世の中では、こういう人のことを、アウトサイダーと呼びますが。。(笑顔)

こうなってくると、隠遁するしか、生きることができなくなってしまいそうですが、隠遁しないで、生きる方法を、スピリットガイドさんにみつけてもらおうと思ってます。(笑顔)

スピリットガイドさんのナビゲートは、子供のように生きろということらしいです。

う〜〜〜ん だからこそ、この3次元では、スピリットガイドさんにナビゲートを頼まずに、人のガイドブックを参考にして、頭だけで、考えている人が多いのですね。

それにしても、守護神さまや、守護してくれる光の存在さんは、意識すれば、するほど、どんどん、仲良くなれるので、日々、常に、感謝したいと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:24| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。