2009年07月24日

火の神様

こんばんわ(笑顔)

DSC_03870016.JPG
東京 愛宕神社

東京港区にある愛宕神社は、火の神様である、火産霊命(ほむすびのみこと)をお祭りしている神社です。

その他の神様は
罔象女命(みずはのめのみこと・水の神)
大山祇命(おおやまづみのみこと・山の神)
日本武尊(やまとたけるのみこと・武徳の神)

境内には末社
太郎坊社(猿田彦さま)
福寿稲荷社
大黒天社
弁天社

愛宕神社のHPは、すごく趣向を凝らす内容で、HPでおみくじをひけたり、今年(2009)はどんな年になるのかを楽しく読むことができます。

2009年はどんな年要点を抜粋すると

結びつける年
何かが新たに始まる年
自分の責任で何かを行う

こんな感じの年だそうです。。(笑顔)

今日、なんで、火の神様をお祭りしている、愛宕神社のことを書いたのは、実は、今日は、初めて、火の神様というよりも、火を使わせて頂いていることに、感謝しました。

そうなんです。生まれて初めて、火に感謝しました。

これほど、日記で、感謝は大切で、全てに感謝しましょうみたいに書いておきながら、落ち着いて考えてみると、火を使わせて頂いていることに、感謝したことがありませんでした。

あまりにも、火を使うことが、当たり前すぎて、感謝するという発想が湧きませんでした。

火は、火の神様の自然の恵みなんですね。火のお蔭で、温かい食事が頂けたり、温かいお風呂に入ったりできます。

ここまで、多大な恩恵を受けながら、今の今まで、感謝していないとは、私の感謝は、超初心者ですね。(笑顔)

これを、気づいたのも、日食効果?かな。。(何でも繋げるなみたいな)

最近は、雨(水の神)にも、風にも、自然(山、海、植物)にも、自然に、ほんの少しだけど、小さな感謝ができるようになりました。

世の中には、当たり前はなくて、与えられているもの、すべて感謝するものなんですね。

火産霊命さま、いつも、たくさんの恵みをありがとうございます。

そして、愛宕神社ですが、東京なのに、山の上に鎮座されてます。
とっても、エネルギーに透明感のある、素晴らしい神社です。

個人的には、猿田彦さまの神社と、弁天さまのエネルギーが素晴らしいと感じました。

いつもありがとう(∞☆∞)

DSC_03960025.JPG
愛宕神社 弁天社(鏡の光は、カメラのフラッシュです)

DSC_03900019.JPG
愛宕神社 太郎坊社(猿田彦さま)
posted by 響 ミナ at 20:03| Comment(2) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
当たり前なこと,を
ある日,当たり前なんじゃなく,すごい偶然なんだ,と
気づくことがありますね.
毎朝起き上がって一日が過ごせることが
既にすごい感謝なんだと思います.
日々に,出来事に,感謝する気持ちになれる度に
幸せだなぁと思います.

愛宕神社,私も大好きな神社のひとつです.
同じような写真が,携帯の待ちうけになってます.
木々が深くて,社殿全容が捉えられないのですが
木々に縁取られたこのシーン,私もとても
気に入ってます.
Posted by 瑠璃子 at 2009年07月25日 15:37
瑠璃子さん

コメントありがとうございます。

全ては、恵みで感謝なんですよね。

愛宕神社は、すてきなエネルギーの神社だと感じてます。
Posted by 響 ミナ at 2009年07月25日 21:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。