2009年08月29日

昨日のつづきの感想

こんばんわ(笑顔)

DSC_01140113.JPG
豊受大神宮別宮 風宮
主祭神 級長津彦命・級長戸辺命

2週間くらいの間に、お伊勢参りに行きましたが、その時に感じたことは、新幹線の中は、エネルギーが高いということでした。

そして、あくまでも私個人の体感ですが、今のところ、関西よりも、関東の方がエネルギーが楽に感じました。(まあ、私が関東に住んでいるということもありますが)

品川から名古屋まで、新幹線で行き、名古屋から近鉄特急に乗り換えて、伊勢市駅まで行きましたが、近鉄特急に乗ったとたん、久しぶりに周りから、エネルギーを吸われる感覚を味わいました。

新幹線に乗っている時は、エネルギーも高く体も楽だったので、近鉄に乗り換えた途端、1年前までくらいにいつも、周りから吸われている状態を思い出しました。

喉元(のどもと)過ぎれば熱さを忘れるといわれるように、最近は、エネルギーを吸われても、それほどダメージがなく、すぐに回復するようになったので、エネルギーを吸われる感覚をほぼ、忘れかけてました。(笑顔)

そして、同時に、常に、このレベルで周りからエネルギーを吸われていたんだなあと思い、誰からも、褒められませんが、自分で自分を褒めました(笑顔)(勿論、私のエネルギーは、すぐに回復したので、全く問題ないです)

そして、名古屋を出発してから、伊勢に近づくにつれて、体がだんだん楽になってきました。

やっぱり、神様の神気の強い場所に近づくからなのかもしれないとふと、感じました。

そして、伊勢神宮の外宮まで徒歩5分でいける、伊勢市駅に到着です。

このときの、エネルギーの体感は、東京駅のエネルギーの10分の1もないくらいの強さに感じました。

それでも、独特の神様のエネルギーふんわり、感じました。

そして、いよいよ、伊勢神宮の外宮にお参りに行きます。

お宮に近づくにつれ、微妙にエネルギーが高くなってきたように思えましたが、やっぱり、東京のエネルギーの方が、ある意味、良いとか良くないとか関係なく、猛烈に強く感じたので、その時に、東京の神社のほうがエネルギーが強いかもしれないと感じました。

昨日も書きましたが、お宮の近くまで行くと、エネルギーの振動が、ものすごく強くて、ビックリしました。

伊勢神宮の御神気は、他の神社の御神気と比べるものではなく、種類の違うエネルギーなんだと感じました。

そして、他の神社との違いは、やっぱり、人々の想念のエネルギーが強く渦巻いていることでした。

とにかく、これだけの自然の中なのに、自然のニオイよりも、人々の想念のニオイを強く感じました。(特に内宮です)

伊勢神宮が自分とは合わないという感想をもっている人達は、多分、この人々の想念エネルギーが合わないんだろうと感じました。

私も、この人々の想念のエネルギーが丸ごと、浄化された神宮の御神気はどんなに素晴らしいだろうと感じたくらいですから。。

今度は、朝4時から、参拝できるみたいなので、泊りがけで、朝の伊勢参りをしたいなあと感じました。

なんだかんだで、伊勢神宮の神様のご神氣が大好きになりました。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。