2009年09月04日

天河大辨財天社の感想

こんばんわ(笑顔)

DSC_01370136.JPG
天河大辨財天社

3年前くらいに、初めて、天川神社のことを知って、ずっと行きたいと思ってました。

本屋さんで、本を立ち読みしていて、初めて、天川神社という言霊のエネルギーを目にしたところ、があっと、ハートが温かくなりました。

神社の名前を読むだけで、ハートが温かくなる経験は、初めてでした。

これは、いわゆる、呼ばれたんだと感じましたが、如何せん、天川神社は、遠いし、更に、奈良の山の奥になるので、バスの本数も、少ないので、これは、自然に無理なく、行ける機会があったら行こうと、その時決めました。

今回は、伊勢神宮に行くときに、天川神社もこの機会に行かないと、なかなかいけなくなると強く思い、思い切って、行ってきました(笑顔)

天川神社は、呼ばれなければ、行けない神社として、一番有名?な神社です。(笑顔)

まあ、神社は、どこでも、呼ばれないと行けないシクミになっているようですが。。

天川の神様に呼ばれてから、3年もかけてしまいました(笑顔)

天川は、奈良の下市口から、バスで一時間以上かかります。

@最近は、瀬織津姫がすごく気になっていて、ヤンズさんのサイトでは、天川の弁財天は、瀬織津姫さまがお祭りされていると読みました。


バスが、天川村に入ってから、私のハートが、ポカポカすごく温かくなりました。

その時に、ふと思ったことは、勿論、天川神社のエネルギーも温かいエネルギーだけれども、それよりも、天川村全体のエネルギーが、ハートを温かくするエネルギーが満ちてるように感じました。

そして、ずっと行ってみたかった、天川神社に到着です。

感想は、思っていたよりも、こじんまりしていることでした。

そして、鳥居をくぐり、エネルギーを感じてみました。

やっぱり、特に神社だけエネルギーが高いというより、天川村自体、エネルギーが高いので、自然に馴染むような、優しい、繊細なエネルギーを感じました。

一つ一つ、説明していると長くなるので、はしょって。。(笑顔)

DSC_01290128.JPGDSC_01300129.JPGDSC_01310130.JPG
大地主大神(おおどころぬし) 琵琶山の地主守神

境内掲示

五社殿の御祭神

石段手前より

龍神大神(りゅうじん)
弁財天の化身なる龍神の神

大将軍大神(だいしょうぐん)
八ツの社の内森本神社ご祭神

おおひるめのむち
天照大御神の御別名

天神大神(てんじん)      菅原道真公

大地主大神(おおどころぬし) 琵琶山の地主守神


先ずは、五社殿のひとつ、ひとつのエネルギーをじっくり感じてみました。

一番印象的というより、これは、なんなんだという強いエネルギーというか振動を感じたのが、琵琶山の地主守神でした。

天河神社の山号は、琵琶山で、天河神社の鎮座しているのが琵琶山ということらしい?です。。

もちろん、龍神大神(りゅうじん)弁財天の化身なる龍神の神も、大将軍大神(だいしょうぐん)八ツの社の内森本神社ご祭神も、すごいエネルギーを感じました。

この優しいエネルギーの天川神社で感じる強いエネルギーは、優しさは、強くなければ、優しくなれないというメッセージなのかもしれません。

天川神社のエネルギーは、天川村全体が高いので、神社にいる時には、妙に自然に馴染んでしまいましたが、家に帰ってから、写真で、エネルギーを感じてみると、改めて、めちゃくちゃエネルギーが強く高いことに、気づく感じです。

今日は、遅くなってしまったので、ここまでにします。

また、天川のことは、書きますね。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:24| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。