2009年09月07日

石上神社と石上神宮

こんばんわ(笑顔)

DSC_02550253.JPG
桃尾(もものお)の滝の石上神社

DSC_02820280.JPG
石上神宮

今日は、石上神宮のことを書いてみたいと思います。

日本書紀に記された神宮は、伊勢神宮と石上神宮だけであり、そのことからも、日本最古クラスの古い神社ということです。

石上神宮に関しては、先に、コチラ(ウィキペディア)を斜め読みすると感覚的にわかることが多くなります。

私が、石上神宮に関して、知っていたことは、とにかく、古い神社であることと、物部氏が祭祀していたこと、あとは、写真を見るだけでもとにかく、エネルギーが強いので、実際のエネルギーは、どのくらい強いのだろうという好奇心がありました。

石上神宮に参拝した人達の共通の意見は、とにかく、ご神氣が、並ではないということでした。

私が、石上神宮に参拝したときは、2日前に、伊勢神宮を参拝し、前日に天川神社に参拝し、泊まっているところは、石上神宮のある、天理でした。

だからなのかもしれませんが、石上神宮を参拝したときに、強いご神氣を期待しましたが、あまりにも、すっと、自然に、石上神宮のご神氣に馴染んでしまいました。(笑顔)

石上神宮の神域の中にいるのが、普通で当たり前の状態みたいに。。。

強い、最高に素晴らしいご神氣を、毎日のように、頂いていると、いつしか、それが当たり前のように、普通に馴染むものです。

だからこそ、家に帰ってから、改めて、写真でエネルギーを感じてみると、ものすごく高エネルギーの中にいたことを実感できました。

石上神宮に行く前に、元宮といわれている、石上神社にチャリで行ってきました。

石上神社は、天理駅から、4,5キロあり、ずっと、緩やかな上り坂なので、できれば、車か電動機自転車がいいと思います。

桃尾(もものお)の滝の石上神社に着いたときは、とにかく、真夏で、ずっと、上り坂で、くたびれ果ててたので、じっくり、エネルギーを感じるゆとりもなく、とにかく写真だけ撮りました。

ここは、携帯電話が圏外になる場所でした。

家で、じっくり、写真のエネルギーを感じてみると、まさしく、石上神宮と同じ振動でした。だからこそ、元宮と噂されてますが、私は、元宮だと感じました。

石上神宮の振動は、特殊な振動で、私の感覚的には、振動の刻みが早いんです。大神神社の振動も特殊ですが、私の感覚では、振動の刻みが緩やかに感じます。

あと、石上神社に参拝し、桃尾の滝で、白龍大神と石碑がありました。
なんとなく、白龍がすごく気になりました。(なんで気になったのは、また書きますね。)

白 龍とは
雨を降らし又水を清める また、白龍は弁財天のお使又は御本尊といわれている、


DSC_02610259.JPG

とにかく(一気にまとめすぎだけど)、私は石上神宮にはまってしまったので、これかも、何度も参拝したいと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)

石上神宮に関しては、また、書きます。。
posted by 響 ミナ at 21:39| Comment(2) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
響さん、こんばんは

石上神宮のことを初めて知りました。

車で奈良の市街ルートでも、天理教側から
中心街によく行くのですが、山をみながら、
なにか気になっていて、そうだったんだ

石上神宮だったのですね、今度行ってみます。


昨日は京都に行ってきたのですが、
お稲荷さんで珍しく鳥居で、数匹の
猫と出会って 野良?飼い猫? の
写真を撮ったり

稲荷さんの山を昔みたいに、30分で
上ろうとしたら、息が切れて休憩場所で
お店のおばちゃんと世間話をしたり(笑)
しました。

旅って楽しいですよね。
Posted by ryu at 2009年09月09日 01:04
ryuさん

こんばんわ(笑顔)

この石上神宮から大神神社にかけての御山は、すべて、すごいパワーを発してます。(笑顔)

山辺の道は、エネルギーを感じる人には、たまらない道になります(笑顔)

神社で出会う、動物は神様のお使いと言われてます。

その動物と出会い、なにかしらのメッセージや、楽しさ、かわいさが浮かんでくると思います。

これも、神社めぐりの醍醐味です。

私は、よく神社で蝶々を見かけます。

いつもありがとう☆
Posted by 響 ミナ at 2009年09月09日 18:01
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。