2009年09月08日

白龍と今日の感じ

こんばんわ(笑顔)

DSC_03480345.JPG
玄賓庵 の白龍神 (狭井神社と桧原神社の間にあるお寺です)

昨日の日記に少し書いた、白龍のことですが、私と同じくらい、ある意味、マニアック(笑顔)な方が、気になっていると思われますので?今日は書いてみたいと思います。

先ずは、写真の玄賓庵にある、白龍神ですが、何故この写真をとったのかは、

それは、この白龍神の石碑から、めちゃくちゃ、ハンパじゃない振動を感じたからです。(写真でも感じられる方は、感じると思います)

実は、玄賓庵には、このほかにも、たくさんの石碑があるのですが、白龍神の石碑だけ、振動がひときわ、強く感じました。

ちなみに、これが、玄賓庵にあるたくさんの石碑です。(遠すぎてわかりづらいかもしれません)
DSC_02070205.JPG

そして、話は、飛びますが、旅行前に、明治時代の分離以前に、大神神社にあった、十一面観音のことを知り、頭の片隅で気になっていました。

写真は、コチラを見てください。 国宝 十一面観音 聖林寺

十一面観音は左手に水瓶を持っていて、発祥のインドにおいては、水の神様といわれてます。

日本で、水の神様と言えば、弁天さまですね。そして、白龍は、雨を降らし又水を清め、弁財天のお使又は御本尊と言われています。

私は、ここ最近は、江ノ島弁天、銭洗弁財天、天河大弁財天社、竹生島、浅草寺弁天山(弁天堂)etcなど、自然に導かれて、たくさんの弁天さまにお参りしてます。

私は、自分のホロスコープは、水の影響が一番色濃くでてます。自分のエネルギーも水のエネルギーの振動です。

だからこそ、白龍がすごく気になったのだと思います。同時に、浅草寺の金龍さまは、気になるというよりも、大好きです。(笑顔)

そして、9月9の日の変容のことですが、私自身は、すごく変化したという実感はありません。

それでも、昨日は、体の芯の部分が熱くなり、自分の産土神社のエネルギーが、別神(別人)のように、振動がすごく強くなりました。

私の産土神社は、とってもローカルで、神様の御神氣は、微妙な気配くらいだったのが、今は、神様の気が、かなり満ちてきました。

このことは、結構、自分でびっくりしました。(笑顔)

産土神社の近くまで行くと、ハートが温かくなるからです(笑顔)

そして、産土神社にお参りすると、ハートの背中側が温かくなります。

これは、今月になって、初めてのことです。

こうした、緩やかな変化が、9月9日の変容なのかもしれません。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:01| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。