2009年09月08日

白龍と今日の感じ

こんばんわ(笑顔)

DSC_03480345.JPG
玄賓庵 の白龍神 (狭井神社と桧原神社の間にあるお寺です)

昨日の日記に少し書いた、白龍のことですが、私と同じくらい、ある意味、マニアック(笑顔)な方が、気になっていると思われますので?今日は書いてみたいと思います。

先ずは、写真の玄賓庵にある、白龍神ですが、何故この写真をとったのかは、

それは、この白龍神の石碑から、めちゃくちゃ、ハンパじゃない振動を感じたからです。(写真でも感じられる方は、感じると思います)

実は、玄賓庵には、このほかにも、たくさんの石碑があるのですが、白龍神の石碑だけ、振動がひときわ、強く感じました。

ちなみに、これが、玄賓庵にあるたくさんの石碑です。(遠すぎてわかりづらいかもしれません)
DSC_02070205.JPG

そして、話は、飛びますが、旅行前に、明治時代の分離以前に、大神神社にあった、十一面観音のことを知り、頭の片隅で気になっていました。

写真は、コチラを見てください。 国宝 十一面観音 聖林寺

十一面観音は左手に水瓶を持っていて、発祥のインドにおいては、水の神様といわれてます。

日本で、水の神様と言えば、弁天さまですね。そして、白龍は、雨を降らし又水を清め、弁財天のお使又は御本尊と言われています。

私は、ここ最近は、江ノ島弁天、銭洗弁財天、天河大弁財天社、竹生島、浅草寺弁天山(弁天堂)etcなど、自然に導かれて、たくさんの弁天さまにお参りしてます。

私は、自分のホロスコープは、水の影響が一番色濃くでてます。自分のエネルギーも水のエネルギーの振動です。

だからこそ、白龍がすごく気になったのだと思います。同時に、浅草寺の金龍さまは、気になるというよりも、大好きです。(笑顔)

そして、9月9の日の変容のことですが、私自身は、すごく変化したという実感はありません。

それでも、昨日は、体の芯の部分が熱くなり、自分の産土神社のエネルギーが、別神(別人)のように、振動がすごく強くなりました。

私の産土神社は、とってもローカルで、神様の御神氣は、微妙な気配くらいだったのが、今は、神様の気が、かなり満ちてきました。

このことは、結構、自分でびっくりしました。(笑顔)

産土神社の近くまで行くと、ハートが温かくなるからです(笑顔)

そして、産土神社にお参りすると、ハートの背中側が温かくなります。

これは、今月になって、初めてのことです。

こうした、緩やかな変化が、9月9日の変容なのかもしれません。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:01| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月07日

石上神社と石上神宮

こんばんわ(笑顔)

DSC_02550253.JPG
桃尾(もものお)の滝の石上神社

DSC_02820280.JPG
石上神宮

今日は、石上神宮のことを書いてみたいと思います。

日本書紀に記された神宮は、伊勢神宮と石上神宮だけであり、そのことからも、日本最古クラスの古い神社ということです。

石上神宮に関しては、先に、コチラ(ウィキペディア)を斜め読みすると感覚的にわかることが多くなります。

私が、石上神宮に関して、知っていたことは、とにかく、古い神社であることと、物部氏が祭祀していたこと、あとは、写真を見るだけでもとにかく、エネルギーが強いので、実際のエネルギーは、どのくらい強いのだろうという好奇心がありました。

石上神宮に参拝した人達の共通の意見は、とにかく、ご神氣が、並ではないということでした。

私が、石上神宮に参拝したときは、2日前に、伊勢神宮を参拝し、前日に天川神社に参拝し、泊まっているところは、石上神宮のある、天理でした。

だからなのかもしれませんが、石上神宮を参拝したときに、強いご神氣を期待しましたが、あまりにも、すっと、自然に、石上神宮のご神氣に馴染んでしまいました。(笑顔)

石上神宮の神域の中にいるのが、普通で当たり前の状態みたいに。。。

強い、最高に素晴らしいご神氣を、毎日のように、頂いていると、いつしか、それが当たり前のように、普通に馴染むものです。

だからこそ、家に帰ってから、改めて、写真でエネルギーを感じてみると、ものすごく高エネルギーの中にいたことを実感できました。

石上神宮に行く前に、元宮といわれている、石上神社にチャリで行ってきました。

石上神社は、天理駅から、4,5キロあり、ずっと、緩やかな上り坂なので、できれば、車か電動機自転車がいいと思います。

桃尾(もものお)の滝の石上神社に着いたときは、とにかく、真夏で、ずっと、上り坂で、くたびれ果ててたので、じっくり、エネルギーを感じるゆとりもなく、とにかく写真だけ撮りました。

ここは、携帯電話が圏外になる場所でした。

家で、じっくり、写真のエネルギーを感じてみると、まさしく、石上神宮と同じ振動でした。だからこそ、元宮と噂されてますが、私は、元宮だと感じました。

石上神宮の振動は、特殊な振動で、私の感覚的には、振動の刻みが早いんです。大神神社の振動も特殊ですが、私の感覚では、振動の刻みが緩やかに感じます。

あと、石上神社に参拝し、桃尾の滝で、白龍大神と石碑がありました。
なんとなく、白龍がすごく気になりました。(なんで気になったのは、また書きますね。)

白 龍とは
雨を降らし又水を清める また、白龍は弁財天のお使又は御本尊といわれている、


DSC_02610259.JPG

とにかく(一気にまとめすぎだけど)、私は石上神宮にはまってしまったので、これかも、何度も参拝したいと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)

石上神宮に関しては、また、書きます。。
posted by 響 ミナ at 21:39| Comment(2) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月06日

山辺の道には

こんばんわ(笑顔)

DSC_03470344.JPG
山の辺の道

山の辺の道とは、奈良盆地の東、平地と山地の間を縫うように南北に通る道です。

今は、一般的に、石上神宮から大神神社までの道を指すことが多いようです。
詳しく知りたい人は、こちらを読んでください。 大和の古道

山辺の道は、最高のエネルギースポットを結ぶ道なので、最高のエネルギーをもつ道であることは、勿論のことですが、私が一番、嬉しかったのは、ゴミがまったく、捨てられてないことでした。(笑顔)

つまり、ゴミをポイ捨てする人間が、殆ど通らない道なんですね。

私の住んでいる、田舎は、田んぼを通っても、畑を通っても、必ず、誰かが所々に、ポイ捨てしています。(ということは、ゴミが必ず捨ててあるということです)

よく、人はやったことが、返ってくると言われてますが(本当なのかなと疑問に思うのは、この理由も大きいです)、都会は当たり前にぽい捨てしている人が大勢いるし、田舎の人口の少ない場所でさえも、誰かが、ポイ捨てしてます。

つまり、これだけたくさんの人々が平気でポイ捨てして、許されて生かされているんですね。

そういう私も、実は、小学校低学年時には、ポイ捨てしてました。

どうして、ポイ捨てしていたのかは、小学校低学年なので、周りの環境の影響です。

私が子供のころは、林に入ると、当たり前のように、ゴミが捨ててあったり、道端には、あちらこちらに、ゴミが普通に捨ててありました。(すごい環境に育てられました(笑顔)

そして、子供の頃は、大人から、優しさを感じたことは、皆無で、荒んだエネルギー環境の中、多感な子供の時代を過ごしました。

それでも、小学校高学年になると、自然に殆どポイ捨てしなくなり、中学生になると、多分ポイ捨てすることは、自分の感性が耐えられなくなり、ポイ捨てすることは、まったくなくなりました。

今では、自然は神様が宿っていて、自分の体と感覚的には、まったく一緒のもので構成されていて、自分と、ある意味同体だと感じているので、そこに、ゴミを捨てるという発想がありえないものになりました。

まさに、ポイ捨ては、自分で自分を汚す行為以外のなにものでもないように感じます。

だからこそ、いっそう、山辺の道が、輝いて見えました。

ゴミがまったく、捨てられていない、道

よく、精神世界では、弥勒の世のことが、いろいろ書かれてますが、私にとって、弥勒の世は、ポイ捨てのない世の中です。

つまり、ポイ捨てすることが、感性的に絶対できない人々の世界

そして、見えるものでも、見えないエネルギーでも、人のものを奪わない、与え合う世界です。

いつもありがとう(∞☆∞)

追記

今日は、珍しく、ダークサイドにフォーカスしてしまいましたが、これも、浄化の過程なのだと感じてます。
9月9日以降は、よいことだけ書いていきます。

ちょっとした、今日のような軽いダークサイドは、このブログに書こうかななんて考えてます。
posted by 響 ミナ at 21:10| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年09月04日

天河大辨財天社の感想

こんばんわ(笑顔)

DSC_01370136.JPG
天河大辨財天社

3年前くらいに、初めて、天川神社のことを知って、ずっと行きたいと思ってました。

本屋さんで、本を立ち読みしていて、初めて、天川神社という言霊のエネルギーを目にしたところ、があっと、ハートが温かくなりました。

神社の名前を読むだけで、ハートが温かくなる経験は、初めてでした。

これは、いわゆる、呼ばれたんだと感じましたが、如何せん、天川神社は、遠いし、更に、奈良の山の奥になるので、バスの本数も、少ないので、これは、自然に無理なく、行ける機会があったら行こうと、その時決めました。

今回は、伊勢神宮に行くときに、天川神社もこの機会に行かないと、なかなかいけなくなると強く思い、思い切って、行ってきました(笑顔)

天川神社は、呼ばれなければ、行けない神社として、一番有名?な神社です。(笑顔)

まあ、神社は、どこでも、呼ばれないと行けないシクミになっているようですが。。

天川の神様に呼ばれてから、3年もかけてしまいました(笑顔)

天川は、奈良の下市口から、バスで一時間以上かかります。

@最近は、瀬織津姫がすごく気になっていて、ヤンズさんのサイトでは、天川の弁財天は、瀬織津姫さまがお祭りされていると読みました。


バスが、天川村に入ってから、私のハートが、ポカポカすごく温かくなりました。

その時に、ふと思ったことは、勿論、天川神社のエネルギーも温かいエネルギーだけれども、それよりも、天川村全体のエネルギーが、ハートを温かくするエネルギーが満ちてるように感じました。

そして、ずっと行ってみたかった、天川神社に到着です。

感想は、思っていたよりも、こじんまりしていることでした。

そして、鳥居をくぐり、エネルギーを感じてみました。

やっぱり、特に神社だけエネルギーが高いというより、天川村自体、エネルギーが高いので、自然に馴染むような、優しい、繊細なエネルギーを感じました。

一つ一つ、説明していると長くなるので、はしょって。。(笑顔)

DSC_01290128.JPGDSC_01300129.JPGDSC_01310130.JPG
大地主大神(おおどころぬし) 琵琶山の地主守神

境内掲示

五社殿の御祭神

石段手前より

龍神大神(りゅうじん)
弁財天の化身なる龍神の神

大将軍大神(だいしょうぐん)
八ツの社の内森本神社ご祭神

おおひるめのむち
天照大御神の御別名

天神大神(てんじん)      菅原道真公

大地主大神(おおどころぬし) 琵琶山の地主守神


先ずは、五社殿のひとつ、ひとつのエネルギーをじっくり感じてみました。

一番印象的というより、これは、なんなんだという強いエネルギーというか振動を感じたのが、琵琶山の地主守神でした。

天河神社の山号は、琵琶山で、天河神社の鎮座しているのが琵琶山ということらしい?です。。

もちろん、龍神大神(りゅうじん)弁財天の化身なる龍神の神も、大将軍大神(だいしょうぐん)八ツの社の内森本神社ご祭神も、すごいエネルギーを感じました。

この優しいエネルギーの天川神社で感じる強いエネルギーは、優しさは、強くなければ、優しくなれないというメッセージなのかもしれません。

天川神社のエネルギーは、天川村全体が高いので、神社にいる時には、妙に自然に馴染んでしまいましたが、家に帰ってから、写真で、エネルギーを感じてみると、改めて、めちゃくちゃエネルギーが強く高いことに、気づく感じです。

今日は、遅くなってしまったので、ここまでにします。

また、天川のことは、書きますね。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:24| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月28日

伊勢神宮の感想

こんばんわ(笑顔)

DSC_01110110.JPG
伊勢神宮 外宮
(夕方の人が殆どいない時間帯なので、エネルギーがすごく強いです)

今日は、伊勢神宮の感想を、ざっくり、簡単に書きたいと思います。

伊勢神宮に関しては、書きたいことがたくさんあるので、今後少しずつ書いていきますね。

伊勢神宮への、参拝は、今回がはじめてです。

私の伊勢神宮のエネルギーの予想は、東京の東京大神宮や芝大神宮、横浜の伊勢山皇大神宮を少し強くしたようなエネルギーなのかなあと、軽い先入観をもってました。

その予想があっという間に、覆されました。

とにかく、お宮の近くでは、もの凄い振動(神道)を、感じました。

昨日も、少し書きましたが、まさに、地震の震度2くらいの体感です。

全てのチャクラやツボが、ばくばく、揺れ動く感じがしました。

神様のエネルギーが爽やかで、気持ちがいいとかではなく、とにかく、強く、巨大な振動です。

正直、ここまで、エネルギーが強いと予想していなかったので、びっくり仰天です(笑顔)

確かに、様々な人達が参拝に来て、たくさんのエネルギーが神域に、渦巻いてますが、それを、凌駕するように、神様の強さを感じました。

いろいろなエネルギーの強い神社にお参りしましたが、これほど強いエネルギーを感じたのは初めてでした。

体感的には、外宮よりも、やっぱり、内宮の方が、強くエネルギーを感じました。

そして、思いました。伊勢にお参りするときに、ある程度エネルギーを感じられたら、一生心に残る参拝になるなって。。

伊勢に関しては、書きたいことが山ほどあるので、今日はここまでです。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:10| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

白木観音さま

こんばんわ(笑顔)

DSC_01450049.JPG
浅草寺 淡島堂

浅草寺にある淡島堂は、元禄年間(1688〜1704)に和歌山県加太(かだ)の淡島明神を勧請(かんじょう)し、淡島堂を建立。

奉安仏 
本尊阿弥陀如来座像。虚空蔵菩薩
淡島明神。取子(とりこ)地蔵菩薩 白木聖観世音菩薩
DSC_01420046.JPG

浅草寺は、大好きなので、もう何度もお参りしてますが、先日は、いつもあまり、気に留めたことも、なかった、淡島堂の阿弥陀如来さまを、ちらりと観たとたん、ハートが急激に温かくなりました。

これは、もしかして、呼ばれているのではと思い、いつもは、お堂には、上がらずに礼拝のみしてましたが、先日は初めて、お堂に上がり、ゆっくりお参りさせていただきました。

御本尊の阿弥陀如来さまと向かい合うと、確かに、ハートがふわっと温かくなりました。

その他の仏さまは、御本尊の阿弥陀如来さまと比べると、お小さいので、お顔までよく、見えませんでしたが、ハートからの下のチャクラも、すべて温かくなりました。

全ての仏さまが、素晴らしいと感じました。

そして、阿弥陀如来さまの一番左側に、ひときわ、お小さい菩薩さまが居られました。

かなり、お小さいので、お姿は分かりません。

それでも、このお小さい菩薩さま(白木観音)の前に座ると、ひときわ、チャクラが反応します。

気のせいかと思い、また、御本尊の阿弥陀如来さまの前に座ると、チャクラの反応が弱まります。

そして、改めて、白木観音さまの前に座ると、チャクラが、もの凄く反応します。

その時、こんなに、お小さいのに、なんてエネルギーが素晴らしいのだろうと思い、家に帰ってから、白木観音について、調べました。

現在は、閉店している日本橋東急百貨店(旧 白木屋)の屋上にお祭りされていた観音菩薩さまでした。

閉店に当たり観音様は、浅草の浅草寺 淡島堂(せんそうじ あわしまどう)に遷座することなったようです。

白木観音・白木名水のいわれ

初代彦太郎が開いた時代は、江戸が大きな都市として膨らみ、水の悩みは絶えなかったらしく、それから50年後の正徳元年の1711年に、二代目安全は日本橋一帯の良水の乏しさを救うため、白木屋の店内に井戸を掘ることを思いついた。しかし、これはなかなかの難工事で、途中で挫折しそうでしたが、ある日、井戸掘りの鍬の先に何か手応えがあって、一体の観音様が出現し、これを機に良水がこんこんと湧き出してきたと伝えられていた。 そこで白木屋は店内に祠を建て、観音様をまつったところ、人々の参詣はひきもきらず四万六千日ご開帳当日の賑わいは「東都歳時記」にも出てくるくらいの江戸名物となった。 この霊水は良水の不足に悩む付近の人々を潤したばかりでなく、この水のおかげで、長年の病気が癒えたという人も出たと伝えられてきた。

ウィキペディアより引用

家で、白木観音さまのことを、調べてみて、観音様の最高のエネルギーの訳を知ることができました。

浅草寺にお参りするときは、白木観音さまの素晴らしいエネルギーを感じられるといいと思います。(笑顔)

私は、水の湧き出る場所や、水に関するエネルギー体(龍神さまとか)に縁があるように感じてます。

今回も、白木観音さまの縁起を知って、なんだか、それを確信しちゃいました。(笑顔)

私自身のホロスコープも、お水がメインです。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:36| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

火の神様

こんばんわ(笑顔)

DSC_03870016.JPG
東京 愛宕神社

東京港区にある愛宕神社は、火の神様である、火産霊命(ほむすびのみこと)をお祭りしている神社です。

その他の神様は
罔象女命(みずはのめのみこと・水の神)
大山祇命(おおやまづみのみこと・山の神)
日本武尊(やまとたけるのみこと・武徳の神)

境内には末社
太郎坊社(猿田彦さま)
福寿稲荷社
大黒天社
弁天社

愛宕神社のHPは、すごく趣向を凝らす内容で、HPでおみくじをひけたり、今年(2009)はどんな年になるのかを楽しく読むことができます。

2009年はどんな年要点を抜粋すると

結びつける年
何かが新たに始まる年
自分の責任で何かを行う

こんな感じの年だそうです。。(笑顔)

今日、なんで、火の神様をお祭りしている、愛宕神社のことを書いたのは、実は、今日は、初めて、火の神様というよりも、火を使わせて頂いていることに、感謝しました。

そうなんです。生まれて初めて、火に感謝しました。

これほど、日記で、感謝は大切で、全てに感謝しましょうみたいに書いておきながら、落ち着いて考えてみると、火を使わせて頂いていることに、感謝したことがありませんでした。

あまりにも、火を使うことが、当たり前すぎて、感謝するという発想が湧きませんでした。

火は、火の神様の自然の恵みなんですね。火のお蔭で、温かい食事が頂けたり、温かいお風呂に入ったりできます。

ここまで、多大な恩恵を受けながら、今の今まで、感謝していないとは、私の感謝は、超初心者ですね。(笑顔)

これを、気づいたのも、日食効果?かな。。(何でも繋げるなみたいな)

最近は、雨(水の神)にも、風にも、自然(山、海、植物)にも、自然に、ほんの少しだけど、小さな感謝ができるようになりました。

世の中には、当たり前はなくて、与えられているもの、すべて感謝するものなんですね。

火産霊命さま、いつも、たくさんの恵みをありがとうございます。

そして、愛宕神社ですが、東京なのに、山の上に鎮座されてます。
とっても、エネルギーに透明感のある、素晴らしい神社です。

個人的には、猿田彦さまの神社と、弁天さまのエネルギーが素晴らしいと感じました。

いつもありがとう(∞☆∞)

DSC_03960025.JPG
愛宕神社 弁天社(鏡の光は、カメラのフラッシュです)

DSC_03900019.JPG
愛宕神社 太郎坊社(猿田彦さま)
posted by 響 ミナ at 20:03| Comment(2) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月06日

明日は満月ですね

こんばんわ(笑顔)

DSC_00640064.JPG

明日は、満月ですね。(18:21)そして、七夕です。

最近は、よく、同じ数字が重なる日付けが、エネルギーのシフトが起こるとよく書いているブログなどを、見かけます。

前回の6月6日とかね。。(笑顔)

実は、私は、人のエネルギーは、バリバリ感じますが、エネルギーシフトと言われている日に、なるほど、その日に、波動が変わったのがわかったということがありません。。

ここ最近は、どんどん、エネルギーが強くなっていることは、すごく感じますが、その日を境にして変わったと気づくことは、まだないのです。

それでも、満月をはさんで、2,3日くらいの、エネルギーの吸収力のアップ感は、毎回意識していることもあって、ぼんやり感じてます(笑顔)

まあ、とにかく、満月前後は、エネルギーの吸収力が高まるので、意識して、よいものを、吸収しようと、意図するといいです。

人は、意図するだけで、そうなるだけの、磁力をもってます。

イヤなエネルギーも、吸収したくないと、意図すれは、殆ど吸収しなくなります。

それだけ、人の意志は、強いということです。(笑顔)

私の調べていただいた、守護神さまは、ツクヨミさまとアマテラスさまですが、そういわれてみると、よく日記で、月の満ち欠けのことや、日拝やサンゲイジングのことを、書いてますね(笑顔)

もしかして、これは、書かされている?のかもしれない(笑顔)

かも   しれないですね。。(笑顔)(半信半疑(笑顔)

まあ、とにかくこの数日は、良きものを、吸収すると意図すると、それだけで、気づかないところで、自然に良きものが、吸収されてます(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:46| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月04日

スピリットガイド

こんばんわ(笑顔)

DSC_12420137.JPG

昨日の日記に、守護神さまのことに関して書きましたが、守護しながら導いてくださる光の存在のことを、スピリットガイドと呼ぶこともあるようですね。

私は、若い頃に、よく海外に自由旅行に行きました。初めての外国を歩くのには、ガイドブックが必要です。

ガイドブック(地図)がなくても、人に道を聞きながら、旅をするということも出来ますが、ものすごく時間がかかるし、非効率ですよね。

ガイドブック(地図)を見ても、わからないことを、現地の人に、聞きながら旅をすることが、一番効率がいいやり方だと、旅をしながら、理解していきました。

人生も旅に例えられます。

私の今までの人生は、自分のガイドブックなしに、人のガイドブックをいろいろ読み、試しながら(様々な本を読んだりすること)とっても、非効率に生きていたように思います。

なんとなく、自分のスピリットガイドの存在を意識し始めた今は、自分のガイドブック(スピリットガイド)を読みながら、自分らしい旅がようやくできるようになる予感がします。

それにしても、何で、今の今まで、自分を護ってくれる存在を意識できなかったのか、とても、不思議ですよね。

その時期がこないと、意識できないのかもしれないですね。

少なくても、知識としては、バリバリ、スピリットガイドのことは、色々な本を何十冊も読んで詳しく知ってました。

そして、スピリチュアルな人達は、自分のスピリットガイドと相談しながら、進路を決めていることも、知ってました。(笑顔)

それなのに、私は、自分のスピリットガイドの存在に、不思議と、気づけませんでした。

今だって、ビンビン感じてますと言いきれないでいます。(笑顔)

もしかして、スピリットガイドに気づいて、意識していること自体、実は、ものすごく稀なのかもしれないですね。

私の場合は、ハートの背中のチャクラが常に物理的に温かいので、とりあえず、これが、スピリットガイドが護ってるよのサインだと受け止めてます。(笑顔)

今の、スピリットガイドさんのナビゲートは、人や物に対して、すぐに、自分に合うエネルギーかそうでないのか教えてくれます。

うれしいときは、体が温かくなって、イヤな時は、体が、冷えたり、強張ります。(笑顔)

ようするに、イヤなことができなくなるし、我慢ができなくなりました。(笑顔)

今のこの3次元の世の中では、こういう人のことを、アウトサイダーと呼びますが。。(笑顔)

こうなってくると、隠遁するしか、生きることができなくなってしまいそうですが、隠遁しないで、生きる方法を、スピリットガイドさんにみつけてもらおうと思ってます。(笑顔)

スピリットガイドさんのナビゲートは、子供のように生きろということらしいです。

う〜〜〜ん だからこそ、この3次元では、スピリットガイドさんにナビゲートを頼まずに、人のガイドブックを参考にして、頭だけで、考えている人が多いのですね。

それにしても、守護神さまや、守護してくれる光の存在さんは、意識すれば、するほど、どんどん、仲良くなれるので、日々、常に、感謝したいと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:24| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

守護神さまのこと

こんばんわ(笑顔)

DSC_12030098.JPG

今年の春分を過ぎた辺りから、何度も日記に書いてますが、ハートの背中側のチャクラが温かくなりました。

以前書いた、背中が温かいって(4月6日)という日記に登場した方は、よく、自分のスピリチュアルガイドと呼応している方でした。

私は、自分の背中が温かくなったときに、まずはじめに、その人を思いだし、自分を守護してくれてる、光の存在をはじめて強く意識しました。

私は、こんなに、スピリチュアルが好きで、神社巡りを、10年以上続けているわりに、何故か、自分を守護してくれている光の存在を意識することが、今まで、殆どありませんでした。

それでも私は、人のエネルギーを感じるので、たまに、背中のオーラの厚い人を見かけますが、漠然と、そういう人は、後ろの護りが強いからだと、何故かわかってました。(直感でね(笑顔)

自分の場合は、自分の背中を見ることができないので、自分の背中のオーラは厚いのかどうなのかわからなかったので、どうも、守護神さまの存在を意識しづらかったのかもしれません。

それでも、手相の神秘十字線や仏眼、ソロモンの輪など、超くっきり、はっきり出ているので、私は、ご先祖さまの護りが強いと、頭(知識)では、理解してましたが、常に、体が重く、重度の肩こりだったので、実は、半信半疑のところもありました。

@神秘十字線 その手相は、ご先祖さまの護りが強い相と言われていてます。

@ちなみに、私が手相を見たケースで、護りが強いと思う人には、大抵、この線は出てます。

私の背中が温かくなったということは、守護神さまから、守護の存在をそろそろ、意識したら?というサインなのかもしれないと思いはじめました。

私は、生きている人のエネルギーや、地球上にあるエネルギーは感じますが、いわゆる霊視は今のところできません。

本当は、自分自身で、自分を守護してくれている存在を認識したかったのですが、今回は、てっとり早く、数千円で、わかる人に調べていただきました。


私の魂の産土神は、山形県出羽三山 月山神社 月読命さま
伊勢神宮内宮 天照皇大御神さま

魂の産土神社 胎児〜赤ちゃんの時に、産土神の気が入るといわれている。

だそうです。(笑顔)

そして、その他にも、猿田彦大神さまなどが、守護してくださっているようです。

自分の守護神を調べていただき、素晴らしい神様が守護してくださることを知ったわけですが、まだまだ、心から、本当にそうなんだと実感できてません。

それでも、全ては、必然で、縁ですから、自分を深く知る、強いサインだと感じてます。

もちろん、これからは、自分の成長とともに、自分の力で、自分を守護してくださる存在を深く理解していこうと思ってます。

この魂の産土神社を知ることはすごく稀で、神様との強い縁があってのことだと感じてます。いわゆる、神縁ですね。

もちろん、生まれた場所にある、産土神社 諏訪神社の神様方の守護にも感謝してます。

そして、産土神に繋がる、鎮守の神のたけみかづちさまやふつぬしのかみさまや、大好きな大黒さまなど、八百の神様がたは、すべて、繋がりがあるので、縁ある神様に感謝しながら、自分のルーツであるご先祖様にも感謝するといいというサインなのかもしれないですね。

常に、私には、私を守護している神様がいて、天使がいて、そして、ご先祖様や光の存在がいるという安心感をもちながら、これからは、生きていけばいいということなんですね。

みなさんも、たくさんの守護神さまが護ってくださってますよ。。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:13| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月26日

神様に呼ばれないと神社には、行けない?

こんばんわ(笑顔)

DSC_04070036.JPG
日枝神社 日本橋摂社

よく神社に行きたくなったときは、その神社の神様に呼ばれているといわれてます。

そうは言っても、私の場合は、なぜだか、純粋に神社参拝が好きなので、近場のあちら、こちらの神社に参拝してますが、神様に呼ばれているという感覚を感じたことはありませんでした。

どちらかというと、神様に呼ばれているというよりも、勝手に押しかけているような。。(笑顔)

それでも、神社巡りを、10年以上も続けていくと、電車に乗っても、バスに乗っても、神社の存在に気づきやすくなります。

初めての道を歩いても、神様の波動は、キャッチしやすいので、神社をあちらこちらに、見つけることができます。

最近は、神社巡りの本を何冊か読んでますが、やっぱり、神社巡りをしている人達は、神様に呼ばれていると確信している人が多いようです。

先日は、東京の神社巡りをしている時に、いきなり、何の前触れもなく、カメラのキャップが音を立てて、外れて下に落ちました。

歩いている場所が、歩道なので、別になんの問題もありませんが、ふと、周りに目をやると、神社の鳥居が見えました。

え〜〜〜 これって、もしかして、呼ばれたってこと(笑顔)(半信半疑(笑顔)全ては、必然だし、目に写るすべてのことは、メッセージだし。。(笑顔)

私は、その日は、ガイドを観ながら、ガイドの地図に載っている、小さな神社も巡ってましたが、

日枝神社 日本橋摂社は、そのガイドには、載ってませんでした。

私も、その日は、たくさん巡ってくたびれていたので、その時は、早く休みたいと思っていて、周りを見る余裕がなく、カメラのキャップが落ちなければ、神社の存在に気づきませんでした。

勿論、日枝神社 日本橋摂社にお参りさせていただきました。

赤坂の日枝神社に引けをとらないくらいの、ご神気がある、素晴らしい、神社でした。

赤坂にある、日枝神社は、何回も参拝させていただいてます。摂社が日本橋にあることを知りませんでした。

全く、同じ神様が祭られていると、エネルギーも同じように感じるのは、凄いことだと思います。

今回のことで、なんとなく、神様に呼ばれないと、神社には、行けないということを、体感したように思いました。

だからこそ、神社でお参りさせていただくことができることは、とっても幸せなことであり、神様が呼んでくれたんですね。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 19:55| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月13日

巣鴨庚申堂猿田彦大神

こんばんわ(笑顔)

DSC_02330074.JPG



今日は、おばあちゃんの原宿と言われている、巣鴨に行ってきました。

巣鴨といえば、とげぬき地蔵尊 高岩寺で、洗い観音さまが有名ですね。

今日は、もちろん、白いタオル持参で、観音様を撫でさせて、いただきました。

観音様の優しさを感じ、とっても、気持ちが安らぎました。

感覚的に、洗い観音様の居られる場所が、一番エネルギーが波動が高く、気持ちよく感じられました。

とげぬき地蔵尊 高岩寺の中も靴を脱いで、参拝することもできるので、ゆっくり参拝させていただき、たくさんの見えない、気づきをお地蔵さまよりいただきました。

高岩寺内も素晴らしくエネルギーが高く、とっても、心が洗われました。

感謝、感謝ですね。。

そして、その後、楽しみにしていた、巣鴨庚申堂猿田彦大神に、向いました。

御祭神の猿田彦大神さまは、謎の多い神様で、たくさんの、本が出版されていて、私も、何冊か読ませていただいてます。

こちらの、神社に参拝するのは、2回目ですが、はじめて、参拝したときに、小さいのに、なんて、エネルギーの高い神社なんだろうと感じてました。

それから、縁あって、猿田彦大神さまが祭られている神社を見つけることが多くなりました。

そして、いつもそのエネルギーの高さに魅力を感じてました。

今回も、改めて、巣鴨庚申堂猿田彦大神の波動の高さを感じました。

参拝したあとに、自分のハートの真ん中の部分が、気が通って、すっとしたように感じました。(ハッカ飴をなめたように。。)

そして、そのあと、とげぬき地蔵尊 高岩寺の洗い観音様の裏にある、有名なカレーうどんのお店の古奈屋でランチをいただきました。

古奈屋の支店では、カレーうどんを食べたことがありますが、やっぱり、本店の味は、格別でした。

きっとそれは、洗い観音様の近くの高いエネルギーの場所でうどんを作っているからだと感じました。

カレーうどんに、観音様のエネルギーが入っている感じです。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:13| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月09日

合図

こんばんわ(笑顔)


DSC_00960012.JPG
江ノ島神社 内 児玉神社

よく神社にお参りするときに、風が吹いたり、香りがしたり、雨がふったりすると、神様の歓迎の合図だと言われてます。

まあ、確率的には、風は、頻繁にふいてますし、香りは、常に、森林の香りがするので、合図なのかどうなのか、よくわかりません。

ただ、お参りしようと、拝殿の前まで歩いていくときのタイミングでパラパラと雨が降ることは、やっぱり、神様からの合図なのかもしれないと感じます。

私が、この雨の合図かも?を受けた神社の神様は、鹿島神宮と香取神宮、諏訪大社、江ノ島神社内の児玉神社です。

こんな合図があると、縁がある神社なのかなと感慨深く思います。

神社を参拝するときに、神様の合図を意識してみると、またなにか、深まるように思います。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 22:21| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月06日

神社の浄化力って

こんばんわ(笑顔)

DSC_00330033.JPG

私が、神社の浄化力を実感したのは、月に一度くらいの神社巡りをはじめてから、10年以上経ってからです。

神社での浄化力を実感するまで、10年以上もかかるのかと思われたかと思いますが、今は、エネルギーが上昇しているので、もっと早く、神社にお参りすることで、浄化されたと実感できると思います。

それに、10年前以上の私は、極度のスポンジ体質で、粗いエネルギーを被りまくり、常に心配をし、常に不安を感じ、おまけに、家族ともうまくいってなく、ちょと、許せないという気持ちをもっていました。

少しでも、心が安らかになる方法はないかと、探したところ、神社にお参りすると、心が楽になるという情報に巡り合い、神社めぐりを始めました。

その頃の私は、道ですれ違う人に舌打ちされただけで、一日引きずるほど、ネガティブなエネルギーを吸収しやすい体質でした。

その他に、人の顔の表情で、少しでもネガティブな表情をされただけで、衝撃を受けるほど、敏感で、ネガティブなエネルギーを受けると、数日ひきずる体質でした。

私の場合は、別に、個人攻撃もされてなく、見える部分では、何事もないのに、ただ単に周りの環境がイライラしていたので、ネガティブなエネルギーを被って、参ってました。

見える世界では、何事もなく、平和なのに、見えない粗いエネルギーを被って心が弱っていたんです。

その当時は、極度の肩こりもちで、常に体がだるい状態でした。

私のはじめの頃の神社巡りは、人の粗いエネルギーを被ったときに、神社にお参りして帰ってました。

その時は、微妙に神社にお参りすると、楽になったかもしれないかも?くらいに感じてました。

まあ、気休めかもしれないけど、神社にお参りするという行動をしていること自体、ほんの少しでも前に進んだかもしれないと感じてました。

それから、運命学である、西洋占星術や手相、タロットなどを学び、いろいろなところに旅行をすることで、自分を知ろうと試行錯誤してました。

そして、3,4年前くらいから、エネルギーを感じるようになり、自然と人を許し、自分を浄化することで、不安も恐怖もすごく少なくなり、やっと神社の浄化力の高さに気づきました。

神社の浄化力は、人が、浄化された状態であるほど、強くなるということです。

だからこそ、ある程度、浄化が進んでいないと、感じられないのかもしれませんが、確実に、その時に必要なだけ浄化をしてくださってます。

10年前以上の私は、神様のエネルギーとは、程遠く、いつも不平不満を持ち、許せない人もいるし、人の幸せを喜ぶ余裕はなかったからこそ、神社での浄化を殆ど感じなかったんだと思いました。

それでも、必要な浄化をしてくださっているからこそ、歩みは、遅いものの、自分に必要な情報に巡り合い、今に至ります。

最近は、神社内のベンチに座っていると、参拝者の人のエネルギーを感じることが多くなりました。

多分、神社に行くことで、粗いエネルギーが炙り出されているんだと思うのですが、ごくごく普通の人達のエネルギーを神社内では、粗く感じるようになりました。

すごい勢いで浄化してくれているんだなあと実感しました。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:26| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月05日

おいなりさま

こんばんわ(笑顔)


DSC_00030003.JPG
横浜 伊勢山皇大神宮 内 大神神社 磐座

私が、10年前以上に、神社めぐりを始めたときに、いろいろな、神社に関する本を読みました。

その時読んだ本に、お稲荷さまに御願いをすると、叶えてくれることが多いが、それ相当の高い代価を払わなければならないみたいなことを、読んだので、それが、うそなのか、本当なのか、よくわからないけど

なんとなく、私の神社巡りは、お稲荷さまは、基本的に、お参りしませんでした。

3,4年前に、エネルギーを感じるようになり、神社のエネルギーも感じるようになって、稲荷神社のエネルギーを感じてみると、いつも、噛みあわせのの部分が痛くなることに、気づきました。

つまり、私にとっては、すごく粗い波動でした。

押しの強い、エネルギッシュな成功者のエネルギーに似ていました。

大体、どの神社の摂社、末社のお稲荷さんのエネルギーも、私の顔の部分が痛くなります。

それでも、大きく、キレイで人がたくさんお参りにいく、稲荷神社は、波動が高いことにも気づきました。

なので、去年くらいまでは、稲荷神社にお参りすることは、殆どありませんでした。

最近になると、もう神社に行って、御願いすることは殆どなくなり、神社には、感謝しに行くようになりました。

そして、アセンションの影響なのか、最近では、稲荷神社のエネルギーが軽く楽になってきたので、

今は、稲荷神社にも、挨拶のお参りをするようになりました。(御願い事はしません。(笑顔)

すると、だんだん、全体的に稲荷神社のエネルギーが浄化されてきたような気がします。

稲荷神社の御祭神は、宇迦之御魂大神さまですが、最近は、本来の宇迦之御魂大神様のような温かいエネルギーを感じる、稲荷神社が増えてきました。

今までの私は、稲荷神社を参拝するときに、少し、恐れを感じてましたが、今では、自然に、ご挨拶だけしてます。。(しつこいですが、御願いごとはしません。。(笑顔)

これからは、稲荷神社だけではなく、どんどん、それぞれの神社の神様のエネルギーも高くなっていくので、すごくうれしいです。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 19:52| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月02日

行きたい神社

こんばんわ(笑顔)


DSC_01580013.JPG

私は、神社巡りが大好きです。

私の夢は、世界中のパワースポットに行って、そこで色々感じて、写真を撮って、自分が感じたことを書いて伝えていくことです。

私は、比較的、家から近い、関東近辺の神社は、割合、結構巡っていますが、北海道とか、東北、近畿、四国、九州は、まだ、巡っていません(笑顔)

今日は、私が個人的に行きたいと思っている神社を書いてみますね。(笑顔)

先ずは、私が大好きな だいこくさま の出雲大社(島根県)

神社巡りをしていると、主祭神が、だいこくさまの神社がたくさんあることに気づきます。だいこくさまの神社をたくさん、めぐっていくうちに、やっぱり、本家の出雲大社の気を感じてみたいと思うようになりました。

次に、奈良の天河大辨財天社です。ここは、天河神社という名前をはじめて見た時に、ハートがふわっと、温かくなったので、時期がきたら是非行きたいと思ってます。

そして、出羽三山 月山、羽黒山、湯殿山です。ここは、実家の近くの産土神社に末社として祭られていて、数年前から気になっていたところです。

神社関係の著書で有名な鎌田東二さんも、湯殿山の湯を噴き上げる赤茶げた巨岩のご神体に身も心も魂もぶっとんだと著作に書いています。

(私が読んだ、五木寛之さんとの対談と日本の神社の2冊に、湯殿山のご神体をみて、びっくりしたことが書いてあります。きっと、まだ書いてある本があるかもしれませんね。。)

このご神体を観てみたいということと、やっぱり、月山神社に登りたいと思ってます(笑顔)

月山神社は8合目まで、車でいけますが、月山神社のある頂上までは、歩きで2時間半です。もちろん、スニーカでは厳しいらしいです。。(笑顔)

通常はトレッキングシューズをみなさん履いているそうです。

これでは、完璧に山登りですね。。(笑顔)

因みに、私は、階段を3階以上登ると、息が上がるほうです。。(笑顔)

それでも、行ってみたいと思ってます。

そして、やっぱり、伊勢神宮にも行ってみたい。。

その他には

奈良県 石上神宮

三重県 椿大神社

熊野県 熊野本宮大社 熊野速玉大社 熊野那智大社の三社

島根県 熊野大社

島根県 物部神社 

香川県 金刀比羅宮

福岡県 宗像大社 などなど。。

実は、正直に言えば、すべての神社を巡りたいくらいなんです。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:39| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月29日

神社の鈴って

こんばんわ(笑顔)

DSC_00690023.JPG


神社のしきたり―日本人ならおさえておきたいルール


神社でお参りするときに、先ず、鈴を鳴らしますよね。

この鈴を鳴らすことは、神様に自分が来たことを知らせる呼び鈴だとずっと、思い込んでました。(笑顔)

実は、この鈴の音を浴びることで、参拝者の邪気を祓う意味があることを、神社のしきたりを読んで初めて知りました。(笑顔)

私は、神社巡りをはじめてから、10年以上軽く経っているのにです(笑顔)

確かに、音によって、浄化するものは、チベッタンベルや、クリスタルボウル、鈴、太鼓、拍手など、昔から行われてきましたね。

私は、エネルギーを感じるようになってから、音のエネルギーに、すごく敏感になりました。

例えば、人の声。

人によって、天と地ほど、エネルギーレベルが違います。声は、人の霊性を表すといわれてますが、全く、その通りです。

声を聴けば、その人のエネルギーレベルがわかります。

音は、聞こえるけれど、目に見えません。だからこそ、目に見えないものの中でも、エネルギーを感じやすいと思います。

音のエネルギーの感じ方は、心地いいか、好きじゃないかですね。(笑顔)

音の波動を、かなり感じてくると、ブログや本などの文章の行間のエネルギーを感じることも、なんとなくできるようになります。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:16| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

近くの神社

こんばんわ(笑顔)

DSC_01550010.JPG

私は、神社にお参りすることが、大好きです。

電車に乗って、有名な神社に行くことも、大好きですが、歩いていける、家の近くの神社が一番、やっぱり、落ち着きます。(笑顔)

近くの神社は、鎮守神社と言い、現住所の土地の守り神さまです。

だからこそ、気兼ねなく、しょっちゅうお参りしてます。

最近は、鎮守神社の鳥居が見えるだけで、ハートが温かくなるようになりました。

これは、不思議なもので、私は、結構有名な神社にも、お参りに行きエネルギーを感じますが、こんな感じにハートが温かくなることはありません。

有名神社は、とてもエネルギーが強く、パワフルで最高です。感覚的には、高級旅館に泊まって、味わうような感じがします。

すごいな、って感じです。。(笑顔)

近くの神社は、エネルギーは、柔らかで、ホーム(家)でくつろぐような感じです。

そうなんです。鎮守の神様は、すごく楽チンなんです。。(笑顔)ついつい行ってしまうみたいな感じです。。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:04| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月24日

神社巡りって

こんばんわ(笑顔)


DSC_13730057.JPG
箱根神社内の九頭龍神社(私の大好きな神様です)

私は、神社巡りを、意識して始めてから、10年以上経ちます(笑顔)

最初、神社巡りを始めたきっかけは、つねにある漠然とした不安をなんとかしたいのと、やっぱり、幸せになりたいと思ったからでした。

何冊か、神社巡りの本を読んで、先ずは、自宅の近くの神社に頻繁にお参りに行くようになりました。

神社巡りの基本中の基本の、神社で感謝もせずに、御願いごとばかりしてはいけないというルール(?)がありますが。。

これは、ルールなのか。。(笑顔)まあ、困ったときの神頼みというやつですね。。(笑顔)

実は、最初のうちは、無知をいいことに、感謝も、ろくすっぽせずに、御願いごとばかりしてました。

当然といいますか、まったく、御願い事は、叶いませんでした。(笑顔)

御願い事は、叶いませんが、神社巡りをしているうちに、何故か、純粋に神社にお参りすること、自体が好きになってました。

神社のエネルギーが好きなんですね。(笑顔)

そして、大好きな温泉旅行に出かけると、旅行先にある神社やお寺に、意識してお参りするのが、習慣になりました。

神社巡りをはじめてから、5年経っても、まだまだ、神社のエネルギーを感じるということは、ありませんでした。

日記でも、何度も書いてますが、レイキをはじめてから、いきなり、人のエネルギーをハッキリ感じるようになり、しばらくして、神社のエネルギーも、感じるようになってきました。

それが、3,4年前です。(笑顔)

すると、もう神社巡りが、楽しくて、楽しくて、たまらなくなりました。(笑顔)

私は、スポンジ体質なので、ものすごくエネルギーを被りやすい体質です。

エネルギーを感じるので、自分が、どれだけ、自分以外のエネルギーを被っているのか、結構、客観的に気づきます。

たくさん粗いエネルギーを被った状態で、神社に行き、神前で拍手を打つと、神様が、被ったエネルギーを浄化してくださって、体が軽くなるのを、はっきり感じます。

神社巡りをして、10年以上経ってから、神様がいつも、お参りするたびに、被ったエネルギーを浄化してくれていたことに、初めて気づいたわけです。。

神様に大感謝ですね(笑顔)

神社の神様は、お参りすることで、無料で大量の浄化をしてくださるんです。(笑顔)

実は、これは、お参りした本人の浄化だけではなく、お参りした人に縁ある人達の浄化も促進してくださいます。

だからこそ、自宅の近くの、鎮守の神さまに、頻繁にお参りいくことは、いいですね。

もちろん、有名なパワースポットで一気に、浄化することもいいですが、やっぱり、遠くの親戚より、近くの他人のように、遠くの神社より、近くの神社が、いいと感じてます(笑顔)

有名なパワースポットは、ふと行きたくなったときが、呼ばれたときですから(笑顔)

いつもありがとう☆


posted by 響 ミナ at 20:24| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。