2009年08月12日

蓮(ハス)の花が気になるこの頃

こんばんわ(笑顔)

DSC_01180022.JPG

蓮華(れんげ)

この蓮が仏教と結びついたのは、釈尊の誕生の際、蓮の花が開いてその瞬間の到来を告げたことが
起源になっています。蓮は泥の中でも美しい花を開かせる、清らかに生きる人間のあるべき姿に例えられた。
仏教徒は極楽では目連の母と同じく、蓮の上に生まれ変わるといいます。

仏教豆知識より引用


最近は、自然に、蓮の花が凄く気になるようになりました。

DSC_01220026.JPG

実は、蓮のことをよく知らず、最近になってから、夏に花が咲くことに、初めて気づきました(笑顔)(オイオイですが(笑顔)(物理的に蓮の花が私の近くになかったことが起因してます。)

蓮は、主に、大きな池や、神社、お寺に咲いていることが多いです。お寺の場合は、大きな水のはれる植木鉢?のような巨大鉢?で育てられていることが多いです。(浅草寺とか)

私が知っている蓮の花が見られる場所

鎌倉八幡宮の源平池、上野公園の不忍池には、本当にこれでもかというくらいの多くの蓮が植えられてます。(まだまだ、蓮の花が楽しめますよ)

初めて蓮をまじまじと見て、感じたことは、本当に葉っぱが大きくて、かわいいということでした。

蓮の花も、すごく大きくて、シンプルで、なんともいえない味わいのあるお花です。

キレイとシンプルに言えない、不思議な温かい慈愛のような、霊力を持ったお花だと、感じました。

まさに、お釈迦さまのようなお花ですね。

この蓮の花が今すごく気になっていることは、私の内側の魂と何かしらのリンクがあってのことだと感じます。

確かに、今は、神社よりも、お寺巡りをすることも増えてきたということも自然の成り行きかもしれません。

その時、その時で、気になる花があったら、きっとそれは、魂のサインだと感じてます。

いつもありがとう(∞☆∞)

因みに、蓮華の他の意味は

中華料理などの食卓で使われる陶製の匙です。
posted by 響 ミナ at 21:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月11日

ツボも小さいチャクラ

こんばんわ(笑顔)

DSC_02010183.JPG

3月の春分の日前後からハートのチャクラの部分が温かくなり、この7月の日食でチャクラが、更に活性化したようです。

手でチャクラの部分を触ると、呼吸をしているように、手にチャクラの振動が響きます。

もう7つのチャクラは感覚的にいつも呼吸をしているのが感じられることが、普通になりました。

そして、最近は、肩こりのツボで有名な肩井【けんせい】というツボがありますが、その部分を手で触っても、チャクラのように、呼吸をしているように感じるようになりました。

ということは、多分、ツボの部分は、今後すべて、チャクラのように呼吸しているように感じることができるようになる兆しなのかもしれません。

チャクラが活性化してからの私の変化は、自分の体と心が密接になりました。

今までは、体と心がバラバラだったので、体の声を聞けずに、我慢したり、人に合わせたり、無理したりしてました。

今は、あまりにも、自分の体の声の意志がハッキリわかるので、我慢や人に合わせたり、無理したりできなくなってきました。(笑顔)

これからは、魂の声に、徐々にゆっくり従っていけるように思います。

数年前に、ある人に、真に生きる人ですと言われたことが、ずっと、心に残っていて、今、その言葉の真の意味を咀嚼できるようになりました。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:54| Comment(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月10日

今気になっている キーワード

こんばんわ(笑顔)


DSC_02740256.JPG
諏訪大社下社秋宮

最近は、外側の情報と内側の魂がどうリンクしているのか、意識するようになりました。

昨日の日記にも書きましたが、ハートがときめくと、自分の魂は喜んでいるという合図です。

そして、なんとなく、外側の情報で気になることは、自分の魂からのサインで、その情報をどう生かしていくのかは、自分次第になります。

この7月、8月になってから、気になっている、キーワードを書いてみたいと思います。

チャクラの活性化 から ツボ(小さなチャクラ)の活性化のこと

第三の目である、松果体のこと

天才芸術家や偉人達 (ダビンチ、ミケランジェロなど)

自分のエネルギーと相性のよい神社のエネルギーのこと

仏像のエネルギーや絵画のエネルギー

龍神さまのパワーの不思議

諏訪湖 諏訪大社 琵琶湖

大神神社 月山神社 富士山 シャスタ山 セドナ エジプト 

言霊 数霊

六芒星

自分の意識の振動

こんな感じのことが、気になってます。

なんとなく、最近は、以前は、かなり難しいと思い込んでいたことが、もしかしたら、結構できるようになるかもしれないとふと、感じることが多くなりました。

例えば、どんな場所で写真を撮っても、常に、エネルギーの高い写真がとれるようになることや、自分のブログを読んでも、全く粗さを感じなくなるほど、殆どノイズがなくなること。

まだまだ、今の所、エネルギーが、不安定なところがあるので、まだまだ、私のブログもノイズを感じてます。

自分で読んで、自分のエネルギーの粗さに気づきます。(笑顔)

これが、もしかしたら、数年後くらいにまったくなくなる予感がします。(笑顔)

私が、数年前に勢いで、目標設定したことがあります。それは、一世紀以上残る本を書くことです。

やっぱり、長く残るものは、洗練されていて、エネルギーが高いものが殆どです。

こんな無謀な目標も、アリなのが、アセンションの時代なのかもしれません。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 19:50| Comment(0) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月09日

仏像にときめくこの頃

こんばんわ(笑顔)

DSC_02170072.JPG

最近は、本質のエネルギーと繋がることが、どんどん加速度的に強くなりました。

だからこそ、よいエネルギーを発している土地や仏像、神社に行くと、ハートのチャクラがバクバク音を立ててるかもしれないくらいに、振動します。

胸がときめくとよく言われるけれど、このときめくことって、こういうことなのかと最近は、実感してます。

まさに、ハートのチャクラがスイングしている感じです。(笑顔)本当にハートのチャクラが揺れ動くんだとびっくりしました。(笑顔)

このブログをずっと読んでくれている皆様も、数ヵ月後くらいに、この日記の写真を観るときに、ハートのチャクラがスイングする感じがわかるかもしれません。。(笑顔)

今も、ハートをスイングさせながら、この日記を書いてます。(笑顔)

そして、私のハートを強くスイングさせてくれるのが、最近は、仏像と絵画です。(それにしても、渋すぎる私(笑顔)

特に、国宝級や重要文化財レベルの仏像さまを拝ませていただくと、私のハートは、フルスイングで振動します。(笑顔)

最近は、本質のエネルギーを繋がることが、上手になったので、写真の仏像さまや絵画でも、70%くらいは、スイングします。

先日、仏像を観に行ったときに、素晴らしい模造の仏像とその本物の仏像の写真が展示されてました。

模造の仏像を観ると、多少はハートはスイングしましたが、その後に、その仏像の本物の写真を見たときに、ハートがフルスイングしました。(笑顔)


写真でも、本物を写したのなら、私のハートは、すごくときめきます。そして、対象物にパワーが少ないと、それなりにスイングになるようです。(笑顔)

ハートはすごく正直なんですね。(笑顔)

私がこの日食で一番変化した部分は、よいエネルギーをすごく如実に具体的に感じることができるようになったことです。

よいエネルギーを感じることが上手になると、自然と、よいエネルギーを求めるようになりますね。

だからこそ、どんどん、加速度的によいエネルギーを感じる力が高まり自然と私自身よいエネルギーに近づいていきます(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 19:50| Comment(0) | サイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月08日

微妙な変化に気づくこと

こんばんわ(笑顔)

DSC_02570021.JPG
浅草寺 三峰神社 2度目の登場

この7月から8月にかけて、私自身のエネルギーが変わりました。(今も変容中です)

エネルギーを感じる方は、なんとなく、ブログのエネルギーが以前と全然違うことを、感じるかもしれません。

実は、今の私は、急ピッチで、エネルギーがどんどん、日に日に変化しているので、これからも、どんどん変化(進化)していきます。

私は、エネルギーが比較的キレイなブログから、エネルギーが多少粗いブログまで、いろいろ、読ませていただいてますが、なんとなく、気づいたことがあります。

それは、この7月から8月にかけての間に、ブログのエネルギーがクリアーにキレイになったブログ、そして、あんまり変化のないブログ、そして、明らかにエネルギーが粗く、低くなったブログがあります。

こんなことを、感じながらいろいろな人のブログを読んでみると、書いている人の本質のエネルギーを感じ取ることができるようになります。

ほんとに、この7月から8月のかけて、人の本質のエネルギーが浮き上がってきたように思います。

最近は、町を歩いても、普通がなくて、確実に2極に分れるようになりました。

この2極化の波も、これからは、どんどんはっきりしてくるように感じてます。

アセンションのことも、なんとなく、各自の意識の変化を加速させる現象のことを指すように感じるようになりました。

だからこそ、今の私の変化が私自身のアセンションなのかもしれないと感じてます。

もう少し、私自身の変化が具体化したら、詳しく書いてみたいと思います。

今は、まだまだ、変化し始めた段階だからです。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 19:33| Comment(2) | エネルギーの感じ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月07日

仏像好き

こんばんわ(笑顔)

DSC_01470002.JPG

私が、仏像に興味をほんの少し持ちはじめたのは、若い頃に行った海外の美術館でアジアの仏像を見たときでした。

若い頃は、アメリカやヨーロッパに漠然と憧れをもっていて、たくさんの国を訪れました。

外国に旅行に行くと、必ず行く場所は、やっぱり、博物館や美術館です。

最初は、ヨーロッパの豪華な文化や、絵画を観て、ひたすら、凄いと感じてましたが、正直に言えば、カタルシスが起きて涙するという感動レベルまで、どうしても至りませんでした。

さすがに、ルーブル美術館で、ミロのヴィーナスやモナリザやスペインのバルセロナにあるサグラダ・ファミリアを観たときは、あまりも凄いので、びくっくりしましたが、涙は出ませんでした(笑顔)

そんな中で、大きな博物館や美術館には、アジア美術のコーナーがあり、日本の仏像も何点か展示されていることが多いので、外国に旅行に来て、逆に日本の仏像を改めて、たくさん観る機会が増えました。

その時感じたことは、やっぱり、日本の仏像を観ると、めちゃくちゃ落ち着くことに、気づきました。

わたしって、やっぱり、骨の髄まで、日本人なんだと、その時に思い知らされました。

それからは、ヨーロッパの作品と日本の作品を西側と東側と対に見るようになって、今まで過小評価をしてきた、日本の文化作品の質の高さ、肌理の細かさ、季節感の表現など、最高に凄いと感じました。

それから、京都や鎌倉に旅行に行くようになり、たくさんの仏像を観るようになりました。

最近は、仏像のエネルギーをかなり強く感じられるようになり、仏像を観ることがさらに、楽しくなってきました。

私の感覚では、不動明王さまを観ると、お腹、丹田から下のチャクラとハートが温かくなります。

阿弥陀如来さまは、私の場合は、圧倒的にハートのチャクラが高鳴り、全てのチャクラも反応します。

そして、大日如来さまは、天からエネルギーが降ってくるような柔らかなエネルギーで、主に、クラウンチャクラ、ハートチャクラで感じます。

聖観音菩薩さまは、全てのチャクラに、慈愛のエネルギーを感じます。

私の場合は、ポジティブなエネルギーを感じる時は、主にハートで感じるので、人によっては、私と感じ方が違うと思います。

それぞれに、仏像を感じてみると、自分自身の仏心に気づきやすくなると思います。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月06日

楽チン満月

こんばんわ(笑顔)

DSC_02660030.JPG

今年に入ってから、というよりも、近年は、ずっと満月や新月は、いつもエネルギー中り(あたり)のような、感じで過ごしてましたが、今回の満月は、すごく楽に過ごせました。

なにか、自分の中で超越したみたいです。

具体的には、三次元のネガティブなエネルギーの影響が、軽くなったように思います。

例えば、混んでる電車に乗るときに、押し込まれて、隣の人にぶつかったときに、舌打ちされても、殆ど、凹むことはなくなりました。

以前は、駅の混雑とかで、人と軽く接触したときに、舌打ちされると、それだけで、相当凹んでました。(笑顔)

とにかく、エネルギーに過剰に敏感すぎて、すごく影響されてたんですね。

そして、電車に乗るときや、カフェなど、隣の人のネガティブなエネルギーが、以前は、めちゃめちゃ気になりましたが、今は、ネガティブなエネルギーだということに、気づいても、平然と流せるようになりました。

多分、私のエネルギーが、本来の魂のエネルギーに殆ど戻って、三次元のネガティブなエネルギーと振動数が合わなくなったということだと認識してます。

だからこそ、今回の満月は、すごく、気分的にも、エネルギー的にも、楽チンなんですね。

先日の日記にも、書きましたが、内面の岩戸が全開に開いたみたいです。

以前は、この日記を読んでくれる、20%くらいは、日記の内容をある程度理解して欲しいなあと、漠然と望んでいましたが、今は、人に理解を求めなくても、自分の魂が喜べばそれでいいと思うようになりました。

人に理解されることを、明らかに極めた(明きらめる)んです。

私は、4年くらい、ブログなどで、自分の自説を、発信していますが、魂レベルで理解し合える人達とまだ、巡りあってません。(それほど、理解できる人がいないということでもありますが)

同じ魂レベルの人達を探すことは、やっぱり、独りで、真理を突き詰めていくのは、しんどいから、誰かサポートしてくれないかな?という甘えでもありました。(まあ、その甘えもOKなんだけどね)

理解されることを、明らかに極めた今は、逆に、魂レベルで響きあえる、先人達や、自分の内なる魂にサポートされながら、たとえ、独りでも、真理を突き詰めていこういう決心に変わりました。

勿論、同じ振動の魂の人達と巡り合うことは、自分で決めているので、それは、必ず巡り合うとわかっていますが、今は、それを当てにせず、とにかく、日々、真理を突き詰めていこうと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月05日

満月前夜

こんばんわ(笑顔)

DSC_02200075.JPG
両界曼荼羅図 胎蔵界 東京国立博物館

明日は、満月ですね。

それも、日本から見えないらしい?のですが、またまた、半影月食です。(AM9:55水瓶座の満月)

前回の7月7日の満月も半影月食でした。

前回の満月から、皆既日食を経て、明日の満月の期間は、私にとって、内面が劇的に変化したように思います。

エネルギーを感じられる方は、私のブログのエネルギーが、すごく変化したことに、気づかれると思います。

私は、この28日間の間に、小さい悟りを得ました。だからこそ、両界曼荼羅図の写真を載せたりしているんですね。(笑顔)(内側の思いが、外側に反映されるので)

両界曼荼羅(りょうかいまんだら)は、密教の中心となる仏である大日如来の説く真理や悟りの境地を、視覚的に表現した曼荼羅である

この小さな悟りは、自分の魂のバイブレションを常に意識することです。(今、ここ 意識を、進化させたバーションです)

外側の色々な情報の中で、自分が強く意識することや人に対して、自分の魂のバイブレーションは、どう鳴り響いているのか、正確にわかることです。

簡単に言えば、自分の魂に忠実に生きていくと決めたということです(笑顔)

以前は、曼荼羅のことは、知識として簡単に知ってましたが、特に、強く意識することがありませんでした。

それが、この28日間の間に、何故か曼荼羅が気になり、写真を写し、たまに、静かに眺めるようになりました。

私の場合は、曼荼羅を見ると、自分の殆どのチャクラが、反応します。

外側の曼荼羅を見て、自分のチャクラが反応するということは、自分の内側にも、同じようなエネルギーがあるということなんだと思います。

これに気づいたので、これからは、自分の内側の曼荼羅を自分で理解していこうと思ってます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月04日

内側の岩戸開き

こんばんわ(笑顔)

DSC_01480003.JPG
東京国立博物館 観音菩薩 

今回の皆既日食は、内側の岩戸開きであるという内容のブログを読みました。

なんとなく、この内側の岩戸が開くというフレーズが、自分の意識に強くあって、今回の7月から8月にかけての、私の変化を超簡単に、書いてみたいと思います。

今までは、テクニック重視の潜在意識を使って願いを叶えるとか、引き寄せの法則とか、そうじ力や風水とか、それなりに、勉強したり、実践してきたものが、どうでもよくなったというか、本質ではなかったことに気づきました。

今までいいと、思い込んできたもの(思い込まされてきたもの)が、全部弾け飛んだ感じがします。

今回は、本当の意味で、人の本質を思い出したような気がします。

まさに、心の岩戸が開いた感じです。(笑顔)

そして、これからは、自分の魂の声を聴き、自分らしく生きていこうと思ってます。

今までは、何だかんだで、外側の情報や周りの反応に殆ど左右されながら生きちゃっていたんですね。

これが、ものすごくはっきり、くっきりしちゃたのが、私の岩戸開きでした。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:43| Comment(0) | 直感 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月03日

ケチな人が気にならなくなる サイン

こんばんわ(笑顔)

DSC_01090013.JPG
江島神社 奥津宮 · 八方にらみの亀

私は、気が向いたときに、Osho タロットのサイトを見ます。

このサイトは、1枚ずつ何度も、サインを見ることができます。(勿論無料です)

このサイトのOsho タロットのサインは、相当深いレベルなので、色々勉強している人は、すっと入っていけますが、普通の人は、サインが深すぎて、理解できないかもしれません。

勿論、私のブログを2年以上、ほぼ毎日読んでくれている人は、すっと入ると思います。(それぐらい、深い内容です)

今日のタロットのサインはけちでした。。(笑顔)

こんな、カードがあるのかと、少しびっくりしました。

私は、日記によく書いてますが、子供の頃から家族と仲があまりよくありませんでした。(今は、許し解放しました。(笑顔)

私の両親は、ごくごく普通の感性の人達なので、今思えば、スピリチュアルな私を理解することは、できなかったんだと思います。

一番違和感を持っていたことは、やっぱり、与えるという発想自体、あんまりない感じで、言葉はよくないけど、ケチくさいことでした。(笑顔)

ケチと言っても、いろいろあります。

家は、裕福ではなかったので、お金を節約することは、仕方がないと思います。

お金のケチではなく、例えば、よい人を褒めないことや、人に笑顔を与えないとか、めんどくさいことは、やらないとか。。

これ以上書くと、一応、身内なので、ここまでにしておきます。

子供のときは、両親のこんな感じがすごくイヤでした。

そして、大人になると、私の家族は、実は、気前がいい方かも?と思えるほどの、ケチな人達と誰でも遭遇するようになりますね。(みんなが通る道  1円単位まで割る人とか。。ね)

私の想像を遥かに超える、ケチな人がたくさんいます。(まあ、いいんだけどね。)(笑顔)

ということは、人を殆ど褒めない人や、人に笑顔を与えないとか、めんどくさいことは、やらない人は、実は、この3次元では、常識的で、よい方の人達だということを大人になってから、やっと理解しました。(笑顔)

だから私の家族は、よい人達なんです。。(笑顔)私が生まれ持った最初の基準が高かっただけなんですね。。

まず、人の良いところを褒めるひとは、確実に何かの才能がある人

笑顔を与える人は、 菩薩の心を持った、稀有な人

ちょっとした手間を惜しまず与える人は 陰徳の人

3年前くらいまで、人のケチを見かけるたびに、なんてケチなんだといつも感じてました。(それは、まだ、両親を許していなかったから、自分の中にも、ケチのエネルギーがあったからです。)

特に、以前ある所で、募金係りをやったときに、人のケチさをまざまざと実感しました。 10円さえ、ケチる人がごくごく普通だと気づきました。

10円を気前良く、募金してくれる人は、いい人の方です。。(笑顔)

以前、瀬戸内寂聴さんの本を読んでいて、瀬戸内さんの、あおぞら説法を聞きに来る人達が、そこで、出るお茶の湯飲みを、記念に持ち帰る人が結構いて、それを知って、瀬戸内さんが、仏さまのありがたい話を聞きに来ているのに、それを、勝手に持ち帰るなんてとちょっと怒っていたら、そのお寺で働く湯飲みの係りの人は、そんなことに、少しも動じず、ただ、淡々と、何事もないように、菩薩行のごとく仕事をしていて、その様子を、瀬戸内さんが観て、そんなことで、怒る自分を恥じたと書いてあったように思います。(うるおぼえなので、間違っている部分もあるかと思います。

このお寺で働く湯のみ係りの人は、すでに、ケチな人(この場合は、物をとる人ですが)がまったく、気に成らない菩薩の人なんですね。

私は、この本を読んだときは、瀬戸内さんのように怒りました。人のものを盗るのは、よくないですよね。それも、仏さまの前なのにと。

今日は、改めて、Osho タロットのケチのサインを見て、この瀬戸内寂聴さんの本に書いてある、湯のみ係りの人を思い出しました。

私も、もうそろそろ、ケチな人に対して、憤りを感じることを、卒業するというサインなのかもしれません。

それにしても、以前は、瀬戸内さんのように怒りましたが、今は、このお寺で働く湯のみ係りの人の心境が理解できるようになりました。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:14| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月02日

チョコレート

こんばんわ(笑顔)

DSC_01370041.JPG
浅草神社

日食のちょっと前から、なんとなく、毎日、少しチョコレートを食べるクセがついて、未だに、まだ食べ続けてます。

100円チョコだと、油のエネルギーが粗いので、ちょい、グレードを上げて、明治のマダガスカルシリーズを食べてます。

去年から、食生活を整えていて、チョコレートもそれほど、食べたいと思うことがほぼなくなりました。

2009年になってからは、自然にチョコを食べることがなくなったのに、何故か、7月に入ってから、猛烈にチョコが食べたくなりました。

そして、その他に、アイスやジャンクフードも食べたくなりました。そして、更に、最近はコーヒーを飲む習慣も復活してしまいました。

これは、体が要欲求しているので、我慢せず、欲求にしたがってます。(笑顔)

これは、多分、なにげにさりげに、ストレスがある状態なんですね。

やっぱり、日食の変容ストレス?なのかな(笑顔)

それにしても、自分の精神状態は、すぐ食に表れます。

私が、ジャンクフードを欲している時は、ストレスを感じている時です。

穏やかなときは、何故か、ジャンクフードは自然に食べたくなくなります。

6月に草津温泉に行ったときも、家に帰ってから、2週間、食が乱れ、量が増えました。

だからこそ、今回は、多分、一時的に今は、ジャンクフードを食べているだけで、もう少ししたら、落ち着きそうです。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月01日

白木観音さま

こんばんわ(笑顔)

DSC_01450049.JPG
浅草寺 淡島堂

浅草寺にある淡島堂は、元禄年間(1688〜1704)に和歌山県加太(かだ)の淡島明神を勧請(かんじょう)し、淡島堂を建立。

奉安仏 
本尊阿弥陀如来座像。虚空蔵菩薩
淡島明神。取子(とりこ)地蔵菩薩 白木聖観世音菩薩
DSC_01420046.JPG

浅草寺は、大好きなので、もう何度もお参りしてますが、先日は、いつもあまり、気に留めたことも、なかった、淡島堂の阿弥陀如来さまを、ちらりと観たとたん、ハートが急激に温かくなりました。

これは、もしかして、呼ばれているのではと思い、いつもは、お堂には、上がらずに礼拝のみしてましたが、先日は初めて、お堂に上がり、ゆっくりお参りさせていただきました。

御本尊の阿弥陀如来さまと向かい合うと、確かに、ハートがふわっと温かくなりました。

その他の仏さまは、御本尊の阿弥陀如来さまと比べると、お小さいので、お顔までよく、見えませんでしたが、ハートからの下のチャクラも、すべて温かくなりました。

全ての仏さまが、素晴らしいと感じました。

そして、阿弥陀如来さまの一番左側に、ひときわ、お小さい菩薩さまが居られました。

かなり、お小さいので、お姿は分かりません。

それでも、このお小さい菩薩さま(白木観音)の前に座ると、ひときわ、チャクラが反応します。

気のせいかと思い、また、御本尊の阿弥陀如来さまの前に座ると、チャクラの反応が弱まります。

そして、改めて、白木観音さまの前に座ると、チャクラが、もの凄く反応します。

その時、こんなに、お小さいのに、なんてエネルギーが素晴らしいのだろうと思い、家に帰ってから、白木観音について、調べました。

現在は、閉店している日本橋東急百貨店(旧 白木屋)の屋上にお祭りされていた観音菩薩さまでした。

閉店に当たり観音様は、浅草の浅草寺 淡島堂(せんそうじ あわしまどう)に遷座することなったようです。

白木観音・白木名水のいわれ

初代彦太郎が開いた時代は、江戸が大きな都市として膨らみ、水の悩みは絶えなかったらしく、それから50年後の正徳元年の1711年に、二代目安全は日本橋一帯の良水の乏しさを救うため、白木屋の店内に井戸を掘ることを思いついた。しかし、これはなかなかの難工事で、途中で挫折しそうでしたが、ある日、井戸掘りの鍬の先に何か手応えがあって、一体の観音様が出現し、これを機に良水がこんこんと湧き出してきたと伝えられていた。 そこで白木屋は店内に祠を建て、観音様をまつったところ、人々の参詣はひきもきらず四万六千日ご開帳当日の賑わいは「東都歳時記」にも出てくるくらいの江戸名物となった。 この霊水は良水の不足に悩む付近の人々を潤したばかりでなく、この水のおかげで、長年の病気が癒えたという人も出たと伝えられてきた。

ウィキペディアより引用

家で、白木観音さまのことを、調べてみて、観音様の最高のエネルギーの訳を知ることができました。

浅草寺にお参りするときは、白木観音さまの素晴らしいエネルギーを感じられるといいと思います。(笑顔)

私は、水の湧き出る場所や、水に関するエネルギー体(龍神さまとか)に縁があるように感じてます。

今回も、白木観音さまの縁起を知って、なんだか、それを確信しちゃいました。(笑顔)

私自身のホロスコープも、お水がメインです。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:36| Comment(0) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月31日

レイキのシンボルについて 2 追記

こんばんわ(笑顔)

DSC_10750035.JPG

29日の日記に、レイキのシンボルについて、ちょっと書きましたが、もう少し、詳しいことが知りたいとのリクエストがあったので、ちょっと、補足しますね。

まず、ここが大事ですが、レイキのシンボルの多用に関して、私が個人的に、あんまりよくないかも?と感じてます。

これは、レイキのシンボルがよくないと言ってません。(笑顔)あくまでも、レイキのシンボルを多用すると、いろいろあるのではないか?と推測しているだけです。

だから、レイキを受けたごく普通のエネルギーの人が、シンボルを使って練習したり、家族や友達をヒーリングするみたいな、小さいことは、別に全く気にすることはないと感じます。

それに、多分、自然にどんどん、シンボルを使う頻度が減っていく確率が高いように感じます。

私が、なぜ、直感で、シンボルの多用は、あんまりよろしくないかも?と感じた訳を今日は書いてみたいと思います。

78対22の法則というユダヤの法則があって、人は完璧じゃないから、100%を目指しても、最高が78%くらいだという目安です。

ヒーリングも無になって、宇宙のエネルギーを通すパイプに徹しましょうとなってますが、エネルギーのキレイなノイズの少ない人でも、やっぱり、20%?くらいの、何かしらのあまり支障がないものが混じります。(このノイズは、まったく、問題ないレベルのものです。)

イエスさまやマリアさま、お釈迦さまだったら、ノイズなしの状態で、宇宙のエネルギーを流せるかと思われますが?

まあ、普通の人だったら、どのくらいノイズが混じるんでしょうか?

まあ、そこそこキレイなヒーラでも、20%くらい、超軽いノイズが混じりますが、普通の人ならば、30%以上は軽く、何か?混じりますね・・多分。。。(あくまでも、私の推測です。)

レイキのシンボルを使うときは、エネルギーを集中させたり、エネルギーを強めるときに使いますから、同時に、ノイズの濃度も何倍、もしかしたら、何十倍も高まります。

だからこそ、レイキのシンボルを多用するということは、エネルギーのノイズの濃度もかなり高めた状態で、何度もエネルギーを流すということです。

宇宙の法則は、自分の出したエネルギーが自分に返ってくるというものです。

自分では、良かれと思って、ヒーリングをしても、ノイズの多いエネルギーを流すと、そのノイズのエネルギーが自分に返ってくるというものです。

だからこそ、レイキのシンボルの多用は、あんまりよろしくないかも?と直感で感じていたのです。

それでも、レイキのシンボルは、エネルギーを強めたり、フォーカスするのに、最適なので、使いたい人は、自己責任で、使っても、いいのかもしれません。(私は卒業です)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:26| Comment(2) | エネルギーの感じ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

エネルギーを感じる以前に

こんばんわ(笑顔)


DSC_10650025.JPG
氷川神社 埼玉

以前というか、5年以上前のかなり昔に、初めて、前世とか、天使とコンタクトが取れる?スピリチュアルカウンセラーに見てもらいました。

その時に、前世?らしきものを見てもらって、とりあえず、エジプトで生まれたことがあるとか、インディアンのシャーマンだったとか、はたまた、中国で占いをしていたとか。。(笑顔)

全く、これぽっちの実感もありませんでしたが、とりあえず、スピリチュアルに興味のある人の、前世はこんなものなのかと、納得できなかったけれど、別に悪いこと言われてないから まあ、いいっかなあと。。

それにしても、私の前世は、超ウルトラ抽象的すぎる。。(笑顔)全く具体的でなく、実感もゼロでした。(笑顔)

そして、そこで出された、特別に体と心にいいものを選んで出してくれたハーブティが、全く繊細さのない味で、ついでに、出されたお菓子も、コンビニに売っているお菓子。。(笑顔)

私は、本当に食いしん坊の美味しい坊なので、その頃も、舌は相当肥えてました。

そして、その頃はアロマを習っていて、お教室で、出してくれる、美味しいハーブティを飲みなれてました。

その時に、何で、人の前世もわかって、さらに、天使とコンタクトが取れる?のに、美味しいお茶が淹れられないんだろう?と少し疑問に想いました。(笑顔)

それでも、それは、それで、まあ楽しんで、別に、変なことを言われたわけでもないし、前世を見れるとか、天使とコンタクトを取れるといわれている人が、どういう感じなのか、わかっただけで良かったなあと想いました。

そして、人のエネルギーを感じるようになった今、振り返ってみると、人をエネルギーを感じることは、やっぱり、繊細じゃないと、細部まで、感じることは、難しいように感じます。

少なくても、ある程度の、味覚の感覚や、食べ物を選らぶ、センスがあったりしないと、人のエネルギーを感じることは、難しいです。

ましては、人のエネルギーを感じるよりも、更に、高度?な、前世とか、天使とかと、繋がるには、更に、繊細じゃなくては、無理なように私は、おもいます。(笑顔)

だからこそ、人のエネルギーを感じる前に、少なくても、食べ物、飲み物の良し悪しが殆どわかる段階を経てから、人のエネルギーがわかっていくように思います。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:55| Comment(0) | エネルギーの感じ方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

レイキのシンボルに関して

こんばんわ(笑顔)

DSC_08540112.JPG
モネ 太鼓橋 1899 ワシントン・ナショナル・ギャラリー

レイキを受講された方や、レイキに興味を持って、本を読まれた方は、ご存知だと思いますが、レイキには、シンボルが数個あります。

私は、レイキのマスターになってから、4年くらい経ちますが、殆どというより、ほぼ、レイキのシンボルを使ったことがありません。

どうして、レイキのシンボルを使わなかったのは、ぶちゃけの話、ただ単に、めんどくさかったからです。(笑顔)

そして、なんとなく、シンボルは、私には、必要ないと思ってました。

私が、少しだけ使ったシンボルは、自分が入るトイレの浄化に使っただけです。(笑顔)だからこそ、人に対しては使ったことが、多分ないと思われます。

今日は、レイキのシンボルを多用すると、あんまりよろしくないようだみたいな情報を、聞きかじりました。

その時に、私の魂は、思わず、やっぱり。。。と、うなずきました。

この判断は、これを読んでくださってる方にお任せしますが、私は、こんな感じで、レイキのシンボルに対して感じてますということです。

結構、無意識に、自分に合わないことは、自然にしないのかもしれないですね。(笑顔)

これも、自分の内なる神様から、守られているということだと感じてます。

レイキに関しても、前回日記に書きましたが、個人的には、お勧めしてませんが、それでも、意志の強靭な方、強い方は、受けてみることで、リスクは伴いますが、近道できる可能性もあると感じてます。

まあ、守りが強い人は、大丈夫だと思ってます。(笑顔)

今は、レイキだけではなく、スピリチュアル全般すべてに、おいて、自己責任の世界だと感じてます。

そして、一番頼りになるのは、やっぱり、自分の直感です。

少しでも、イヤだと思ったら、すぐ距離をとることが大切です。

自分の運を高める道に、自分の感覚で、イヤなものはないはずだからです。

イヤだと思う、気持ちは、魂のサインです。

この道は、危ないからこそ、イヤだと感じるからです。

このイヤだと思うことを、書き留めることも一つの方法です。

イヤなことを、具体的にすれば、人は、自分がイヤだと思うことを、選択しないからです。(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 21:15| Comment(2) | 潜在意識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月28日

つまびらか

こんばんわ(笑顔)

DSC_08510109.JPG
98cm (1511年) ラファエロ アルバ公聖母
ワシントンナショナルギャラリー

つまびらか 【▽詳らか/▽審らか】
〔古くは「つまひらか」。「つばひらか」の転〕くわしく明らかなさま。こまかい点まではっきりしているさま。

大辞林より引用

先日の日記で、少し、ドリーン・バーチューさんによる数字のサインのことを書きましたが、それから、数霊のことが、気になりはじめ、
数霊に秘められた宇宙の叡智―かずたま占い (5次元文庫)

を読みました。

全ての言葉は、言霊から数霊に変換でき、すべてに、深い意味があることを知りました。

例えば、今日は、7月28日ですが、28という数霊は、月のエネルギーを顕します。

確かにその通りで、月の満ち欠けは、28日周期です。

月のつの字の数霊が、18で、月のきの字の数霊が、10です。

18 プラス(+) 10 = 28です。

こんな感じに、言霊から数霊できます。

そして、なによりも、素晴らしいのは、言霊から数霊に変換しても、全ての意味が、プラスで良い意味です。

だからこそ、どの名前でも、すべて良く、それぞれに深い意味があります。興味のある人は、調べてみると面白いかもしれません。

私の名前の響 ミナを言霊から数霊に変換すると、166です。

166は、中央に向って行く様を表す数霊で、今まで漠然としていたもの、闇に隠れていたものが、表に浮きだってきて、つまびらかになります。(つまびらかは、はっきり、くっきりするという意味です)

このことを、知ってから、ある意味、勢いで、名づけた、響 ミナという名前ですが、私の意図とびったり、符号してます。

全ては、必然だというけれど、ちょっとびっくりしました。

私は、スピリチュアルを具体的に分かりやすく、伝えていきたいと強く思っていました。

それは、今まで、スピリチュアルは、抽象的すぎて、最後には、いつもぼやかされていることが多く、はっきり、くっきり知りたいという思いを、かき消されることが多かったからです。(笑顔)

自分の名前の数霊を知って、さらに、スピリチュアルを分かりやすく、伝えていくと強く思いました。

そうして、名前は、姓名で、姓と名、それぞれの意味も調べてみました。

響は110で、天真爛漫な数霊で、自分の意図する流れは、天の応援を受けていると書いてあります(笑顔)

そして、ミナですが56で、天からの祝福の数霊で、最高峰からの光がことほぎのバイブレーションで、来光し、聖なるものが、降臨しますと書いてあります。(笑顔)

これを、読んで、本当に響 ミナにして良かったと感じました。

数霊は、全ての意味が、最高に素晴らしいので、どの名前も、素晴らしく、読むと、嬉しくなることが書いてありますよ。(笑顔)

名前は、氏名であり、使命ですから。ちなみに、シメイの数霊は、54です。
54は、神々のエネルギーを顕す崇高な数霊です。(他の意味は、発光、白光、聡明)

なんとなく、日食を過ぎてから、言霊や想い、サインにもの凄く、敏感になりました。

私が今、数霊にフォーカスしているのは、きっと、想いの、現実化が急速に早まることを魂レベルで知っているのかもしれません。

自分の発する言葉や、思いを、すべて、最高に、よきことにすることを今は意図してます。

いつもありがとう(∞☆∞)

追記
最近の日記の写真は、なぜか、ラファエロです。これも、私の無意識がそうさせるんでしょうね。
ルネサンス三大巨匠の中で、一番、人間らしいように思います。
ダ・ヴィンチやミケランジェロは、なんだか、神レベルですから。。
神(ダ・ヴィンチやミケランジェロ)と同じ時代に生まれ、その中で、自分らしく表現した人ということが、素敵だと思います。
そして、ラファエロの人としての天才性が大好きです。
posted by 響 ミナ at 19:25| Comment(0) | 言霊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月27日

自然回帰の兆し

こんばんわ(笑顔)

DSC_08150073.JPG
81x57cm (1508年)カウパーの大聖母 ラファエロ
ワシントンナショナルギャラリー

朝起きると、セミの声が聞こえてきます。(笑顔)

まさに夏本番って感じですが。。。

ちょっと まった。。。(笑顔)

自宅で、セミの声がするって、もしかしたら、はじめてかも。。?(勿論、家の中ではありません。。家の外です(笑顔)

私が今の所に引っ越してきて、6年経ちますが、街中の住宅街なので、夏でもセミの声は、自宅で聴いたことがありませんでした。

最初は、ここまで、自然が殆どないと、セミの声もしないんだなと思いましたが、いつしかそれが当たり前になり、セミもとんぼも蝶も、カブトムシもいない生活があたりまえになりました。

それが、3、4年前くらいから、秋のコウロギや鈴虫の鳴き声が顕著に聴けるようになりました。

そして、とんぼも、ほんの少しずつですが、たま〜に、見かけるようになりました。

そして、今年は、昨日の日記にも、書きましたが、クロアゲハ(黒揚羽)をしょっちゅう、見かけます。そして、とんぼも、最近はしばしば見かけるようになりました。しおからトンボだけじゃなくて、オニヤンマー、ギンヤンマーも見かけます。

この前は、クロアゲハを、あの人ごみの多い、駅前で見かけました。(笑顔)

そして、今日は、自宅でセミの声を間近で、初めて聴きました。

これって、自然回帰の兆し?なのかもしれないとふと感じました。

実は、これを書くと、波動が落ちるので、あんまり書きたくないのですが、殆どの人が嫌っている、ゴのつく黒い昆虫を、今年になってから、一度も、姿を見てません。(絶対見かけたくないですが。。)

これは、街中の道路で見かける話です。去年までは、道路を歩いていると、春から夏にかけて、たま〜に見かけてましたが、今年は、一度も、見てません。

もしかすると、町の波動が高まったので、見かけなくなったのかもしれませんね。(波動の高いところには、居られない、昆虫です)

その代わり、クロアゲハ(黒揚羽)、モンシロ蝶、セミ、とんぼ、天道虫などをよく見かけるようになりました。

こうして、水面下で、自然回帰が始まっているのかもしれないですね。

それにしても、日食効果なのかわかりませんが、夏バテ気味です。

というよりも、ぼっとしていて、思考しづらい感じ。頭だけで考えられなくなったのかもしれないです。

これからは、直感、ハート、クラウンチャクラと第三の目なのかもしれません。

この状態は、日食の影響なのか、ただの夏バテなのか少し迷いますが、私の直感では、やっぱり、日食効果のように感じます。

何かが、着実に変容していってます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 19:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月26日

今日のお月さま

こんばんわ(笑顔)


DSC_08160074.JPG
カウパーの小聖母(ラファエロ)ワシントンナショナルギャラリー

今日は、新月から、4日経ちましたが、ちょぴり太めの三日月のお月様です。

(本当の三日月とは、新月の日も含めて三日目のすごく細い月のことを三日月と言い、夕方2〜3時間しか見えない月なんです。今は、細い月を三日月と呼ぶことが多くなりました。)

今日のお月様(三日月形)を見たときに、同じ形なので、皆既日食の太陽を思い浮かべました。

そして、同時に、いつもよりも、お月様にエネルギーを頂いているように感じました。

今日の太陽を見ても、感じましたが、なんとなく、皆既日食を過ぎてから、太陽のパワーと月のパワーを吸収しやすくなったように思います。

スピリチュアル関係のいろいろな方が書いてますが、皆既日食を境に、よりいっそう、想念の現実化が早くなるといわれてます。

なんとなく、太陽や月、自然からのエネルギーがたくさん、注がれてくる感触があるので、本当に、想念が現実化することを、今回は、味わえるかもしれないと期待してます。

私自身、今のところ、想念が実現化する感覚を、ありありと、実感したことが殆ど、ありません。(笑顔)

まあ、これから、どんどん、想念の実現化感覚を楽しく、味わおうと感じてます。

今日は、お月様を見て、太陽神経そうのチャクラの部分がすごく熱くなりました。私自身、自分で自覚できないくらいもしかしたら、変容しているのかもしれませんね。

そして、最近は、よくクロアゲハ(黒揚羽蝶)をしょっちゅう見かけます。去年まで、殆ど見かけることはありませんでした。

先日は、街中でも見かけました。これだけの、人ごみの中に蝶が現れたことに、びっくりしました。10年住んでいて、街中では初めて見ました。

これも、きっと、何かのサインだと感じてます。

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月25日

レイキのこと

こんばんわ(笑顔)

DSC_08270085.JPG

わたしが初めて、レイキを受けたのは、もう4年も前になります。

その頃の私は、流されるままに生きていて、周りから見れば、ごくごく普通で、全く問題はないのだけれど、心の中は、いつも濃い雲に覆われてました。

その時は、既に、西洋占星術やタロットなどは、ある程度わかり、その他にも、アロマやヨガ、カバラなども、勉強してました。

それで、ある程度、自分の方向性を頭では理解していましたが、本当にできるかどうか、全く自信がなく、また、体調がいつも不安定で、常に体が重く、気分的には、八方ふさがりでした。

そこで、なんとか、突破口はないかといろいろ探していたところ、出会った情報が、レイキでした。

レイキは、潜在意識を活性化し、本来の自分自身になる近道でもある?みたいな宣伝文句があり、藁をも掴む状態の私は、早速、レイキの本を数冊読んで、とりあえず、若干怪しいと思いながらも、受けてみることにしました。

私が、最初に受けたところは、レイキマスター自身が日記を書いていて、その日記の内容に共感したからでした。

実際、そのマスターに会ったところ、想像していた人とは、別人のような雰囲気でした。

レイキを受けたときに、心無いことを言われたり、心配させるようなことを言われました。

今思えば、その時の、私は、常に不安で、将来が心配で、とっても不安定だったので、それに合った人を、引き寄せたんですね。

その人からは、レイキのファーストを受けたのですが、特にエネルギーを感じることもなく、変化はありませんでした。

それでも、レイキの本質を確かめたかったので、また、レイキマスターを色々探し、今度は、現代レイキをサードまで、受けました。

数日後、縁あって、現代レイキの土居先生に出会い、それから、一気に人のエネルギーがわかるようになりました。

それからは、今までの、カルマというか、エネルギーが噴出したように、色々な人達に出会いました。

この出会いは、玉石混淆でした。よい出会いは、10%以下で、後は、本当に様々なエネルギーが拮抗した人達に出会いました。

その時に、感じたことは、レイキって、本当に自分がしっかりしてないと、マイナスに足を引っ張られるものだと思いました。

そのマイナスは底なし沼です。

出会った人達から、レイキを実践している色々な人達の話を聞きましたが、最後まで、ちゃんと、貫いている人が少なく、殆どの人達が、途中でおかしくなってしまうことが多いことを知りました。

すでに、その時は、人のエネルギーを感じることができるので、レイキを実践している人で、エネルギーのキレイな人が、殆ど居ないことにも、気づきました。

ここまで、レイキのリスクを知ってしまうと、気安く人に勧められません(笑顔)

レイキは、本当に自己責任の世界です。

確かに、レイキを受けると、一時的にエネルギーの流れが活発になって、出会いが増えたり、願いが叶うかもしれませんが、それが、永続的に続いていくとは思えません(勿論、エネルギーのキレイな人はつづいていきます)

それでも、私の場合は、良いこと、良くないこと色々ありましたが、レイキを受けて良かったと思ってます。

世の中のネガティブの深さや、人の意識を、正確に実感できたからです。

また、レイキに関しては、日記に書きますね(笑顔)

いつもありがとう(∞☆∞)
posted by 響 ミナ at 20:29| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月24日

火の神様

こんばんわ(笑顔)

DSC_03870016.JPG
東京 愛宕神社

東京港区にある愛宕神社は、火の神様である、火産霊命(ほむすびのみこと)をお祭りしている神社です。

その他の神様は
罔象女命(みずはのめのみこと・水の神)
大山祇命(おおやまづみのみこと・山の神)
日本武尊(やまとたけるのみこと・武徳の神)

境内には末社
太郎坊社(猿田彦さま)
福寿稲荷社
大黒天社
弁天社

愛宕神社のHPは、すごく趣向を凝らす内容で、HPでおみくじをひけたり、今年(2009)はどんな年になるのかを楽しく読むことができます。

2009年はどんな年要点を抜粋すると

結びつける年
何かが新たに始まる年
自分の責任で何かを行う

こんな感じの年だそうです。。(笑顔)

今日、なんで、火の神様をお祭りしている、愛宕神社のことを書いたのは、実は、今日は、初めて、火の神様というよりも、火を使わせて頂いていることに、感謝しました。

そうなんです。生まれて初めて、火に感謝しました。

これほど、日記で、感謝は大切で、全てに感謝しましょうみたいに書いておきながら、落ち着いて考えてみると、火を使わせて頂いていることに、感謝したことがありませんでした。

あまりにも、火を使うことが、当たり前すぎて、感謝するという発想が湧きませんでした。

火は、火の神様の自然の恵みなんですね。火のお蔭で、温かい食事が頂けたり、温かいお風呂に入ったりできます。

ここまで、多大な恩恵を受けながら、今の今まで、感謝していないとは、私の感謝は、超初心者ですね。(笑顔)

これを、気づいたのも、日食効果?かな。。(何でも繋げるなみたいな)

最近は、雨(水の神)にも、風にも、自然(山、海、植物)にも、自然に、ほんの少しだけど、小さな感謝ができるようになりました。

世の中には、当たり前はなくて、与えられているもの、すべて感謝するものなんですね。

火産霊命さま、いつも、たくさんの恵みをありがとうございます。

そして、愛宕神社ですが、東京なのに、山の上に鎮座されてます。
とっても、エネルギーに透明感のある、素晴らしい神社です。

個人的には、猿田彦さまの神社と、弁天さまのエネルギーが素晴らしいと感じました。

いつもありがとう(∞☆∞)

DSC_03960025.JPG
愛宕神社 弁天社(鏡の光は、カメラのフラッシュです)

DSC_03900019.JPG
愛宕神社 太郎坊社(猿田彦さま)
posted by 響 ミナ at 20:03| Comment(2) | 神社の神様 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。